ログイン

Sufu認定指導者の動画が見放題

リフトアップシューティング

目的/上達スキル
ボールを持ち上げる動作で曲がる原因をなくす
目安所要時間
10分
手順
1.腰のあたりに構えたボールを持ち上げる動作をリフトアップと呼びます。
2.シュートハンド側の足のつまさきとリングを結んだ架空の線をシューティングラインと呼びます。
3.ボール、手首、肘がシューティングライン上に乗ったままリフトアップを行うことで曲がる原因が少なくなります。
指導のコツ・ポイント
・シューティングラインにボールを乗せる
・肘や手首もシューティングライン上に乗るようにする
株式会社ERUTLUC
「バスケットボールの家庭教師」を運営している会社になります。

2004年に開始したバスケットボールの家庭教師事業は、2019年6月時点でコーチ70名以上、会員数1300名以上。
指導実績多数・各地講習会なども担当しており、多くの書籍・DVDも監修しています。

バスケットボールの家庭教師は子どもたちにも、指導者にも”なりうる最高の自分を目指す”環境と文化を創り出し、教育に貢献する事業を行なっています。

ミッション
1.より多くの子どもたちになりうる最高の自分を目指す環境を提供する
2.チームスポーツだからこそできることで教育に貢献する
3.世界で最もビジョナリーなコーチチームを作る

http://www.basketballtutor.com/

14日間の無料体験を始める