<Q&A>筋トレ、フットワーク、ドリブル、シューティング...【Sufu】

この記事をお気に入り
お気に入り済み

こちらは無料ピックアップ動画です。

無料ピックアップ動画一覧はこちら

スナップシューティング
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
手首と肘の動きに曲がる原因をなくす
目安所要時間
10分
手順
1.シュートを真っ直ぐ飛ばす感覚を掴む練習です。
2.真っ直ぐシュートを繰り返し飛ばせるように練習しましょう。
3.無理なく届く距離から練習しましょう。
4.真っ直ぐ飛ばせるシュートについてはこちら!!
↓『シュートは理論で上手くなる!!』
https://www.basketballtutor.com/news/7283
指導のコツ・ポイント
・構えたときに、腕をリングにまっすぐにする
・ボールを放つとき、手首はリングへまっすぐ倒す
・ボールの中心をまっすぐ押す

こちらは会員限定動画です。

シュートタッチ調整ドリル
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
指先の動きを微調整して力加減をコントロールできる
目安所要時間
10分
手順
1.プッシュパスの動きから指先のタッチを使って、ボールへ伝える速度をわずかに変える練習です。
2.まずは曲がらずにまっすぐ、狙った場所にプッシュパスが届くようにします。
3.まっすぐ飛ぶようになったら、指先のタッチを使って、アーチを調整していきます。
指導のコツ・ポイント
・ボールにバックスピンをかけながらシュートを調整する
・同じフォームで行う

こちらは会員限定動画です。

連続ジャンプシューティング
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
ジャンプの勢いをボールに伝える感覚を掴む
目安所要時間
10分
手順
1.小刻みにジャンプしながらパスを受けます
2.パスをキャッチしながらジャンプの勢いをボールに伝えます
3.スタンスを崩さずに同じ場所でジャンプし続けましょう
指導のコツ・ポイント
同じ場所でジャンプし続ける

こちらは会員限定動画です。

クイックフットシューティング
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
パスキャッチから素早くシュートを打てる様になる
目安所要時間
10分
手順
1.シューターは、素早く前・前・後ろ・後ろとステップを踏みながら、素早くシュートを打てる体制を作ります。
2.パサーは好きなタイミングでパスをしましょう。
3.ステップ中に、来たボールを素早くキャッチしてシュートを打ちましょう。
4.キャッチしてから、余計なステップを踏まないことが重要です。
動画を撮影して、見返してみましょう。
5.キャッチ〜シュートまで、NBAのステファン・カリー選手はおよそ0.4秒だそうです。
指導のコツ・ポイント
・キャッチしてから余計なステップを踏まない

こちらは無料ピックアップ動画です。

無料ピックアップ動画一覧はこちら

クイックシュートドリル
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
素早くシュートを打つ意識をつける
目安所要時間
10分
手順
1.ボールが触れる距離で向かい合い、シューターに合わせてディフェンスはブロックを試みます。
2.フェイクの有無は、その時々によって変えても良いでしょう。
3.ディフェンスは
・後ろで手を組む
・床を触っている
・膝を触っている
・手をあげやすい状態
など、姿勢を変化させることで、ブロックへの難易度を変えることが出来流でしょう。
指導のコツ・ポイント
・ボールを素早く持ち上げる

こちらは会員限定動画です。

ラピッドファイア
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
素早く移動しながら正確なシュートを打つ
目安所要時間
10分
手順
1.素早く打つ、矢継ぎばやに打つ、連射すると言った意味合いのドリル名です。
2.素早く移動をしますが、パッサーがボールを持つ前から動かないようにしましょう。
3.パッサーがリバウンドのボールに触れるまで、フォロースルーを残し、正確さと素早さを両立させられるようにしましょう。
指導のコツ・ポイント
・バランスを崩さないミートをする
・素早く移動する

こちらは会員限定動画です。

99ersシューティング
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
様々な距離からシュートを打つ
目安所要時間
10分
手順
1.ゴール下→ローポスト→フリースロー→エルボー→3Pラインの順にシュートを決めていきます。
2.シュートを落としたら素早くリバウンドを拾って再度打ちます。
3.距離や角度が変わってもシュートを決められるようにしましょう。
指導のコツ・ポイント
・初級 60秒
・中級 40秒
・上級 20秒

こちらは会員限定動画です。

目的/上達スキル
体幹部を固める感覚をつかむ
目安所要時間
10分
手順
1.両足・両手で床を捉え、体幹を持ち上げます。
2.骨盤部分がゆらゆらしないように、意識して行いましょう。
3.お尻を振らない、腰の上に大事なお皿があるイメージで行うと良いでしょう。
指導のコツ・ポイント
基本姿勢を崩さないようにする

こちらは会員限定動画です。

ボール体幹トレーニング①
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
身体の安定性を高める
目安所要時間
10分
手順
1.ボールが転がろうとするのをコントロールして、身体を固めていきます。
2.正しく、良い姿勢で行うことは、正しい箇所を刺激することに繋がりますので、短い時間からでも正しい姿勢で行うことを優先して行います。
指導のコツ・ポイント
良い姿勢で行う
株式会社ERUTLUC
「バスケットボールの家庭教師」を運営している会社になります。

2004年に開始したバスケットボールの家庭教師事業は、2019年6月時点でコーチ70名以上、会員数1300名以上。
指導実績多数・各地講習会なども担当しており、「はじめてのミニバスケットボール」「バスケットボール IQ練習本」「バスケットボール判断力を高めるトレーニングブック」「バスケットボールの教科書1~4」など多くの書籍・DVDも監修しています。

【ERUTLUC代表鈴木良和コーチ JBA活動歴】
2016年U12ナショナルキャンプヘッドコーチ
2016年U13ナショナルキャンプヘッドコーチ
2016年男子日本代表サポートコーチ
2017年U12ナショナルキャンプヘッドコーチ
2017年U13ナショナルキャンプヘッドコーチ
2017年男子日本代表サポートコーチ
2018年U22日本代表スプリングキャンプアドバイザリーコーチ
2018年U12ナショナルキャンプヘッドコーチ
2018年U13ナショナルキャンプヘッドコーチ
2018年~男子日本代表サポートコーチ

http://www.basketballtutor.com/

スポーツの練習メニュー動画がいつでも見放題。

通常会員は14日間無料でお試し頂けます。

14日間の無料体験を始める