この記事をお気に入り
お気に入り済み

こちらは会員限定動画です。

色々な1ボールドリブル「左右・前後・高低」
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
基礎的なハンドリング能力の向上
目安所要時間
10分
手順
1.重心を身体の中心に置いた、バランスの良い姿勢でドリブルをしていきましょう
2.まずは片手で左右にドリブルしていきます
ドリブルの強さ、速さと幅の大きさ意識してやっていきましょう
3.前後のドリブルは肩を支点に行います
手のひらの向きを意識すると良いでしょう
4.高さの調節は、メリハリをつけてコントロールしていきます
5.バランスを崩さず行なっていきましょう
指導のコツ・ポイント
失敗ギリギリの強さ・速さのドリブルをする

こちらは会員限定動画です。

色々な1ボールドリブル「プッシュ&プル」
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
手のひらについたボールを前後に自在に動かせる
目安所要時間
10分
手順
1.ボールが手のひらについている間に、より大きくボールを動かす技術を身に着けるドリルです。
2.プル(引く動き)・プッシュ(押す動き)をする際は、ダブルドリブル(パーミング)にならない様、ボールの上半分より下に触れない様にしましょう。
3.一度のドリブルでプッシュもしくはプルを完了させる様にしましょう。
プッシュ・プルは小さく・大きく早く、自在に操れる技術を身につけます。
4.長く手のひらでボールを触れていられるよう、強くドリブルをついたり、意識をして練習しましょう。
指導のコツ・ポイント
・手のひらの向きを意識してボールを送り出す
・チェンジの後に素早くプッシュする

こちらは会員限定動画です。

色々な2ボールドリブル「パウンド&チェンジ」
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
ハンドリング能力の向上
左右同時にコントロールする
目安所要時間
10分
手順
1.ボール2つで片方は大きな強いドリブル、もう片方は細かくト・トンのリズムでドリブルして、下を通します
大きなドリブルのコントロールにも意識しましょう
2.慣れてきたら細かいドリブルをフロントチェンジに切り替えます
視野も上げられると良いでしょう
指導のコツ・ポイント
ドリブルを強くつく・ドリブルチェンジをすばやく行う

こちらは会員限定動画です。

色々な2ボールドリブル「ミスリズムドリブル」
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
ハンドリング能力の向上
左右で力の強弱をつける
目安所要時間
10分
手順
1.ボール2つを用いて、大きな(高い)ドリブルと細かい(低い)ドリブルをついて行きます
2.最初の内は、だんだんドリブルの大きさが一緒になってしまう事が多いので注意です
3.慣れてきたら、大きいドリブルで小さいをまたいで行きます
4.目線を上げて練習出来ると良いでしょう
指導のコツ・ポイント
細いドリブルと大きなドリブルを同時に行う

こちらは会員限定動画です。

リトリートドリブル
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
後ろへ戻るドリブルを身につける
目安所要時間
10分
手順
1.椅子を3つ設置し、サイドラインから向かいのサイドラインへ向けてドリブルをしていきます
2.椅子をタッチしたら、リトリートドリブル(後ろへ下がるドリブル)をして、一つ前の椅子まで戻ります    
3.後ろへ戻るドリブルは、少ない回数のドリブルで幅を大きく下がりましょう
4.前後の切り返し、左右の方向転換を鋭く、素早く行いましょう
5.慣れてきたら、視野を下げずに行うと良いでしょう
指導のコツ・ポイント
・方向転換を鋭くする
・1回のドリブルで下がる幅を大きくする

こちらは会員限定動画です。

目的/上達スキル
スピードを失わずにドリブルチェンジをする
目安所要時間
10分
手順
1.サイドライン間での1往復のタイムを計測します。
2.①フロントチェンジ
②ダブルフロントチェンジ(フロントチェンジ2回)
③フロントチェンジ→ロールターン
の3つをクリアしてサイドラインをタッチし、すぐ折り返す
3.折り返しは
④ダブルレッグスルー(レッグスルー2回)
⑤フロントチェンジ→レッグスルー→バックチェンジ
⑥フロントチェンジ→レッグスルー→ダブルバックチェンジ(バックチェンジ2回)
の計6種類をクリアし、スタートした側のサイドラインタッチでゴールです。
4.ドリブルを正確にクリアしてから次の椅子へ進みましょう。
指導のコツ・ポイント
目標
初級:18秒
中級:15秒
上級:12秒

こちらは無料ピックアップ動画です。

無料ピックアップ動画一覧はこちら

サイドステップドリル
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
素早く反応して移動をする
目安所要時間
10分
手順
1.2人組でトス役とキャッチ役に分かれ、進めて行きます。

左右に素早く動けて、床を蹴りやすいグッドスタンスを最初に作りましょう。
2.トスの動きをよく見て、素早く反応し、ボールを身体の中心でキャッチします。

中心を外れてキャッチしてしまったものは、ブロッキングファールになってしまったと考えて良いでしょう。
3.素早く1歩目を出したら、2歩目は元のスタンスに戻す動きをします。
すぐに最初のグッドスタンスを取り戻します。
指導のコツ・ポイント
・最初のグッドスタンスを素早く作る
・ボールを身体の中心でキャッチする

こちらは無料ピックアップ動画です。

無料ピックアップ動画一覧はこちら

ディフェンスコンタクトドリル 基礎
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
コンタクトを正しい姿勢で受けるようにする
目安所要時間
10分
手順
1.2人組で行なうコンタクト練習です。
2.ディフェンスにはコンタクトが必須ですが、慣れていないと、怖がってしまったり抵抗があるものです。

そういった時に行なうコンタクトの分解練習です。
3.ぶつかるというよりは押されることに、体幹部を固めて姿勢を維持する練習です。
指導のコツ・ポイント
・グッドスタンスを維持する
・バランスを崩さない

こちらは無料ピックアップ動画です。

無料ピックアップ動画一覧はこちら

ディフェンスコンタクトドリル 応用
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
コンタクトを正しい姿勢で受けるようにする
目安所要時間
10分
手順
1.ドリブルに合わせてコンタクトする練習です。
2.まずはタイミングを合わせてコンタクトをしましょう。
3.ぶつかった後、オフェンスがターンしても対応出来るように、すぐに動ける姿勢を崩さないようにしましょう。
指導のコツ・ポイント
・ディフェンスの姿勢を崩さない
・重心を上げすぎない

こちらは無料ピックアップ動画です。

無料ピックアップ動画一覧はこちら

ボディアップ vsドライブ・ターン
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
コンタクトを正しい姿勢で受ける様にする
目安所要時間
10分
手順
1.オフェンスのドライブに対し、ディフェンスがボディアップして守ります。
ボディアップとは、ゴールとオフェンスプレイヤーの間に立ち、行く手を遮ることです。
2.押し込まれない様に身体を一つの塊にして守りましょう。
3.ぶつかった後にターンなどの左右の動きに対応しなくてはならないので、左右に動きやすいグッドスタンスを崩さない様にしましょう。
4.リーガル・ガーディング・ポジションとは
ディフェンスプレイヤーが相手チームのプレイヤーに対して、トルソー(向かい合い、両足を普通に広げて床につけている)を占めて
いる状態です。
胴体・胸でコンタクトすること、両足が床についている状態でコンタクトすることを意識しましょう。
指導のコツ・ポイント
・リーガルガーディングポジションでコンタクトする
・グッドスタンスを維持する
株式会社ERUTLUC
「バスケットボールの家庭教師」を運営している会社になります。

2004年に開始したバスケットボールの家庭教師事業は、2019年6月時点でコーチ70名以上、会員数1300名以上。
指導実績多数・各地講習会なども担当しており、「はじめてのミニバスケットボール」「バスケットボール IQ練習本」「バスケットボール判断力を高めるトレーニングブック」「バスケットボールの教科書1~4」など多くの書籍・DVDも監修しています。

【ERUTLUC代表鈴木良和コーチ JBA活動歴】
2016年U12ナショナルキャンプヘッドコーチ
2016年U13ナショナルキャンプヘッドコーチ
2016年男子日本代表サポートコーチ
2017年U12ナショナルキャンプヘッドコーチ
2017年U13ナショナルキャンプヘッドコーチ
2017年男子日本代表サポートコーチ
2018年U22日本代表スプリングキャンプアドバイザリーコーチ
2018年U12ナショナルキャンプヘッドコーチ
2018年U13ナショナルキャンプヘッドコーチ
2018年~2021年男子日本代表サポートコーチ
2021年~女子日本代表アシスタントコーチ

http://www.basketballtutor.com/

スポーツの練習メニュー動画がいつでも見放題。

通常会員は14日間無料でお試し頂けます。

14日間の無料体験を始める