molten B+ シューティングマシンを活用した練習メニュー

molten B+ シューティングマシンを活用した練習メニュー

モルテンB+

シュート練習をしたくても、1人では時間がかかる。
友達にリバウンドを頼むのも、気がひける。。。
そんな練習環境に、シューティングマシンをプラスします。
効率的に、シュートがたくさん打てる、バスケットボール用シューティングマシン。
一人だけでなく、チームでも取り組める練習メニューを紹介します。

シューティングマシンに関するお問合せはこちら

鈴木良和 / 株式会社エルトラック 代表取締役  ~「シュート上達を追及する環境へ、プロセスを濃くするツール」~

子どもたちがシュートに取り組む環境

シュート上達への大事なステップは、まず近い距離から正確なフォームで、再現性の高いシュートを身につけることです。最初は7割以上の成功率を目指し、そこから精度を上げて、正しいシュート動作を体に染み込ませていく。そのうえで、本数を打つことが重要です。NBAの名シューターであるステフィン・カリーは、オフシーズンに500本インを日課にしていると聞きます。
でも、これを子どもたちが取り組む場合、500回パスをする人が必要で、時間も相当かかります。ペアを組むチームメイトにも頼みづらいでしょう。そもそも日本には、自由に使えるリングも場所もほとんどありません。たくさんのシュートを毎日のように打てる環境そのものが無かったように感じています。

 

シューティングマシンがもたらすこと

B+シューティングマシンは、そんな悩みを解消するツールになります。2人組でやると、1分間で15本程度しか打てませんが、マシンを使えば、最短で3秒おきにパスが出てきます。1分間で最大20本のシュートが打てるわけです。子どもたちへ1人でも効率の良い練習をもたらします。またテンポが非常に重要なシューティングにとって、ボール出しの速さは欠かせないことです。
またマシンの導入が広がることで、環境に恵まれたエリート層だけでなく、とにかくバスケが大好きで、シュートがうまくなりたい一般層の子どもたちも、プロ選手のような練習本数を得ることができるでしょう。自分の可能性を追及できる環境が作れることは、本当に価値のあることです。加えて、私のような導入する立場で言うと、日本製であることはとても安心感があります。修理やメンテナンスのサポートを国内で受けられることは、心強いですね。

 

私が指導者として意識を向けていること

きっと、このマシンが体育館へやってきたら、取り合いになるかもしれません(笑) 「まず僕が使わせてください」と、声が上がると思います。チームの実情にあったルール作りが必要になるでしょうが、それぐらいこの存在によって、選手のシューティングに対するモチベーションは上がるでしょう。教育の観点からも、本人が主体的に取り組むことは成長を促します。
一方で指導者としても、私は選手へ何を教えたか以上に、どんな環境を用意することができたのか、ということに意識を向けています。環境は選手の成長を左右する大きな鍵です。コーチに指示されたメニューをすべてやりましたという報告より、自分で何をするべきか、どう練習をするのかを考えて、アウトプットできる時間や場がある。そのほうが、彼ら彼女らの将来を考えるうえで、大変価値のあることです。
上達する技術、プロセスの質を濃くするツール
シュートは上達する技術です。かつてはセンスや才能ありきで、教えられない技術のように言われていた時期がありました。しかしいまは違います。NBAを筆頭に世界を見渡せば、2mを超えるビックマンが3ポイントシュートを打つことが当たり前な時代です。選手とコーチが正しく理論を認識して、積み重ねることで、向上させやすい技術となってきました。そしてB+シューティングマシンの登場で、練習環境が整います。B+シューティングマシンは、シュート上達へのプロセスの質を濃くする貴重なツールが、子どもたちの将来をより一層豊かにします。
 

シューティングマシンの特徴と機能

【個人練習】コーナーダウン・リフト

練習のねらい
アウトサイドでの合わせのシューティングを効率的に行う

 

手順
1.シューティングマシンの打ち出し条件を設定し、スイッチを入れてスタート
2.コーナーダウンとウイングへのリフトの合わせを想定してシューティングを行う
3.右サイドで10本・左サイドで10本の合計20本を打つ

 

ポイント
・動きに左右されずにシュートをまっすぐ飛ばす
・試合を想定して素早くシュートを打つ
・一定の間隔でボールが打ち出されるため、ペースを落とさず打てる

シューティングマシンの無料体験はこちらからお申し込みできます

【個人練習】ロバストシューティング

練習のねらい
乱れに強いシュートを身につける

 

手順
1.シューティングマシンの打ち出し条件を設定し、スイッチを入れてスタート
2.シュート前にドリブルをつくことでハンドリングに負荷をかけてシューティングを行う
4.ワンドリブルからシュート(左右1本ずつ)
5.ワンドリブル → フロントチェンジからシュート(左右1本ずつ)
6.ワンドリブル → レッグスルーからシュート(左右1本ずつ)
7.ワンドリブル → バックチェンジからシュート(左右1本ずつ)
8.最後の2本は4.~7.のうち好きなドリブルからシュート

 

ポイント
・ドリブルピックアップから時間をかけずに打つ
・ドリブル中はリングを見る
・余計なステップを踏まずにシュートを打つ

シューティングマシンの無料体験はこちらからお申し込みできます

【個人練習】トロリー・ミートアウト

練習のねらい
動きがある中でのキャッチ&シュートを効率的に行う

 

手順
1.パサーを1人配置する
2.シューティングマシンの打ち出し条件を設定し、スイッチを入れてスタート
3.1本打ったら逆サイドで3ptを打つ
4.ボールをもらう位置を徐々に高くしていき最終的にウイングで打つ
5.左右5本ずつ合計10本打つ

 

ポイント
・パスを受ける際に身体を素早くリング方向に向ける
・試合を想定して素早くシュートを打つ
・一定の間隔でボールが打ち出されるため、ペースを落とさず打てる

シューティングマシンの無料体験はこちらからお申し込みできます

【チーム練習:4人】キックアウト+リロケート

練習のねらい
キックアウトとリロケートを組み合わせたシュート練習

 

手順
1.シューター2人、パサー2人の最低4人を配置する
2.シューティングマシンの打ち出し条件を設定し、スイッチを入れてスタート
3.最初はコーナーからシュートを1本打つ
4.ウイングで受けた人はドライブからキックアウトパスを出す
5.パスを出した人はコーナーにリロケートしてキャッチ&シュート
6.逆サイドの選手はウイングかコーナーのどちらかの合わせを選び、キャッチ&シュート

 

ポイント
・キャッチから時間をかけずにシュートを打つ
・キックアウトパスを出したら素早くリロケートする
・シューティングマシンを使うことで複数人で効率よく回せる

シューティングマシンの無料体験はこちらからお申し込みできます

【チーム練習:6人】エクストラパスの判断

練習のねらい
キックアウトを受けた後のプレーの判断力を高める

 

手順
1.シューター2人、パサー2人、ディフェンス2人の計6人を配置
2.シューティングマシンの打ち出し条件を設定し、スイッチを入れてスタート
3.パサーはDFの動きに応じてパスコースを判断する
4.シューターはDFがローテーションしてこなかったらキャッチ&シュート
5.DFがローテーションしてきたらエクストラパス

 

ポイント
・シューティングマシンを使うことで複数人で効率よく回す
・常にDFの動きを把握して最適なプレーを選択する
・一定の間隔でボールが打ち出されるため、ペースを落とさず行える

シューティングマシンの無料体験はこちらからお申し込みできます

【チーム練習:6人】ワンパスアウェイの合わせ判断

練習のねらい
ディフェンスの守り方に応じた合わせの判断力を高める

 

手順
1.シューター2人、パサー2人、ディフェンス2人の計6人を配置する
2.シューティングマシンの打ち出し条件を設定し、スイッチを入れてスタート
3.ドライブに対するDFの動きに合わせてパスとシュートの判断をする
4.DFが下がってヘルプに出ていたら3Pまで離れて合わせる(キャッチ&シュート)
5.DFが高めの位置にいたらリングにカットして合わせる(フローター)
6.両サイド同時に行うことで効率よく回す

 

ポイント
・シューティングマシンを使うことで複数人で効率よく回す
・常にDFの動きを把握して最適なプレーを選択する
・一定の間隔でボールが打ち出されるため、ペースを落とさず行える

シューティングマシンの無料体験はこちらからお申し込みできます

【チーム練習:8人】クローズアウト+合わせ判断

練習のねらい
ディフェンスの守り方に応じたクローズアウトと合わせの判断力を高める

 

手順
1.オフェンス4人、ディフェンス4人の計8人を配置する
2.シューティングマシンの打ち出し条件を設定し、スイッチを入れてスタート
3.シュートコースにクローズアウトDFの手が上がっていなかったらシュート
4.DFの手が上がっていたら、ドライブして合わせの判断を行う
5.ドライブに対してヘルプディフェンスが下がって守れば、3Pまで離れて合わせる(キャッチ&シュート)
6.ドライブに対してヘルプディフェンスが上がって守れば、リングカットして合わせる(フローター)
7.ヘルプディフェンスがディナイしている場合はパスを出さずにジャンプシュート
8.両サイド同時に行うことで効率よく回す

 

ポイント
・シューティングマシンを使うことで複数人で効率よく回す
・常にDFの動きを把握して最適なプレーを選択する
・一定の間隔でボールが打ち出されるため、ペースを落とさず行える

シューティングマシンの無料体験はこちらからお申し込みできます

まとめ

シューティングマシンは一人で効率的にシュート練習できるだけでなく、チーム練習にも有効な製品です。
ご購入を検討されるお客様には、ご希望の場所までシューティングマシンをお持ちし、実際にシューティングの体験をしていただくことができます。
上記よりお気軽にお申し込みください。
※設置場所によっては、お断りする場合もございますので予めご了承ください。

 

製品のお見積りやアフターサービスに関するお問合せはこちら

モルテンB+

日本のバスケには何かが足りない。
もっとたくさんプレーして上手くなりたいのに、学校の部活の時間しかコートを使えない。
知らない人ともバスケをして楽しんでみたいのに、そんな場所はない。
プロやバスケ強豪校のように、毎日たくさんのシュート練習をしたいのに、
部活後の少しの時間しかゴールが使えない。

そんな今の日本のバスケ環境を変えるために、B+は足りないものをプラスしていきます。
「もっと強い日本を、バスケがあふれる風景を」

スポーツの練習メニュー動画がいつでも見放題。

今なら14日間無料でお試し頂けます。

カンタン1分で登録完了!

14日間の無料体験を始める