<動画>腰の開きで引っ張らないようにするための練習方法【Sufu】
野球
19.02.07
腰の開きで引っ張らないようにするための練習方法
野球
19.02.07
腰の開きで引っ張らないようにするための練習方法

目的/上達スキル
腰の開きを抑えていくことで
引っ張りだけでなく
打球方向へ力を発揮していくため
目安所要時間
10分(20〜30スイング)
手順
1.両足をくっつけて、立つ
2.軽く膝を曲げる
3.バットを構える
4.足を揃えたままスイングする
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・前傾姿勢をとり過ぎてしまうと
 腰が開きやすくなり
 肩も開きやすくなってしまうので
 注意すること
・しっかりと内転筋に力を入れて
 バランスを保つこと

《指導のポイント》
・腰を止めた状態から振り出していくこと
・スイング後の開きとスイング前の開きは
 違うものなので注意すること
・スイング時に肩が
 下がらないようにすること
野球専門・動作解析サポート
BASEBALL ONEは
最新の動作解析システムを用いて
野球選手をサポートする
野球の総合レベルアップ施設です。

https://baseball-one.com/