インパクト時に顎が上がらないようにするための練習方法

目的/上達スキル
インパクト時に力を逃さずに
ボールに力を伝えるため
目安所要時間
10分(20〜30回)
手順
1.トップを作って構えた際に
投手側の肩の服を口で咥える
2.テイクバックをとった時に投手側の肩が
入らないように体重移動する
3.インパクトの瞬間に咥えていた服を離す
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・投手側の肩の服を咥えた時に
 肩が上がらないようにすること
・投手側の肩が入らないようにすること
・インパクトの瞬間に咥えている服を離すこと

《指導のポイント》
・肩に力が入りやすくなってしまうので
 肩に力が入らないようにすること
・服を咥えていることで顎は上がらないので
 顎を下げる意識を持たせなくても良い。
・インパクトよりも前に服を離してしまうと
 顎が上がってしまうので服を離すタイミングを
 選手に理解させること
野球専門・動作解析サポート
BASEBALL ONEは
最新の動作解析システムを用いて
野球選手をサポートする
野球の総合レベルアップ施設です。

https://baseball-one.com/