骨盤の動きと可動域を広げるメニュー

目的/上達スキル
骨盤の動きをよくすることで
股関節をスムーズな動作にする。
骨盤の動きと胸郭の動きを良くしていく。
目安所要時間
5分程度(2m×2本)
手順
1.長座の姿勢を作る。
2.片方の骨盤を浮かせ前方向に押し込む。
3.次に反対の骨盤を浮かせて前方向に押し込む。
4.骨盤を左右交互に動かし骨盤で歩いていく。
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・胸郭をうまく使うことで骨盤の動きも良くなる。
・顔はあまり動かしすぎないようにする。
・安定した姿勢を保つ。

《指導のポイント》
・まずは長座の姿勢を作る。
・体幹を使って大きな動きを
 意識して骨盤を動かしていく。
・骨盤が後傾しすぎたり、
 前傾しすぎたりしないように注意する。
・足を使って進まないようにする。
野球専門・動作解析サポート
BASEBALL ONEは
最新の動作解析システムを用いて
野球選手をサポートする
野球の総合レベルアップ施設です。

https://baseball-one.com/