低学年向けドリブルワーク 【相手を観てボールを運ぶ】

目的/上達スキル
ドリブルの種類の中のひとつである「相手を観てボールを運ぶ」ことを
学ぶ。
1対1の突破のドリブルというよりも、相手の状況を観て、抜き去る。
「抜くことを最優先しない」ドリブル。
例:センターバックが自陣からボールを保持して前進する。
目安所要時間
10分
手順
1.ウォーミングアップとして、ボールを 使用せず、ダッシュで反対側のゴール まで移動。
2.反対側ゴールへ移動する際、中央にい る鬼にタッチされてはいけない。
タッチされるとスタートへ戻る。
3.鬼は指定のゾーン(赤)のみ、動ける。
4.同じルールを選手がドリブルで行う。
5.中央の鬼を、選手が行う。
※ルールの理解のため、導入の段階はコーチが鬼を行う。
指導のコツ・ポイント
・相手の状況を観る。
・複数の選択肢があることを相手に意識させる。
・複数の選択肢から、相手が選ばなかったプレーを選択する。
・ギリギリでプレーを変える。
一般社団法人グランフォルティス沖縄は、ジュニア(小学生)ジュニアユース(中学生)で構成されるサッカークラブです。
沖縄県内の地域コミュニティの核として、青少年の心身の健全な育成と地域社会における教育力・競技力の向上を図り、子どもたちを育む明るく豊かな街づくりに寄与することを使命とし、活動しています。
また、サッカーを通じ、長期的な視座に立った育成環境の充実と世界に通じる選手・指導者を輩出し、沖縄県を代表するクラブとして人々に感動と喜びを与える存在というビジョンを掲げています。
http://granfortis-okinawa.com/

http://granfortis-okinawa.com/index.html