ログイン

Sufu認定指導者の動画が見放題

腕が背中側に入りすぎないようにする練習方法

目的/上達スキル
テイクバック時に
腕が背中側へ入りすぎる動作を修正し
腕の遅れや肩の開きを抑えるため
目安所要時間
5〜10分(20球程度)
手順
1.グローブ側の肩を投げる方向へ向けて
肩幅より少し広めに足を広げ、立つ
2.両腕を体の前でクロスさせるように大きく回す
3.2回腕を回してから
トップを作り投球する
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・腕を回す際、体の側面で回すようにすること
・上半身が背中側に反らないようにすること
・お腹が緩むと、上半身が丸まり
 腕が背中側に入るので注意すること

《指導のポイント》
・腕を大きく回すこと
・腕を回す際に腕が背中側に
 入らないようにすること
野球専門・動作解析サポート
BASEBALL ONEは
最新の動作解析システムを用いて野球選手をサポートする野球の総合レベルアップ施設です。

愛知県内に7施設展開し、メジャー仕様マウンドやトレーニング施設も設置しています。
動作解析システムを用いて、小学生からプロ野球選手まで累計9,000人以上の選手をサポート。
個人はもちろんのこと、中・高・大学のチームサポートも実施。

https://baseball-one.com/

14日間の無料体験を始める