<動画>腕のしなりを使って投げていく練習方法【Sufu】
野球
19.02.08
腕のしなりを使って投げていく練習方法
野球
19.02.08
腕のしなりを使って投げていく練習方法

目的/上達スキル
投球時に腕のしなりを作り
ボールに力を伝えられるようにしていくことで
球速アップに繋げるため
目安所要時間
5~10分(10球程度)
手順
1.リリースポイントを決める
2.グローブ側の手を肩のラインより高く置く
3.トップを作り、投球腕の肘を当てる
4.当てた肘を起点にし
なるべく動かないようにして
投球する
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・リリースポイントを把握すること
・グローブ側の手で投球側の肘を止める
・肘を止めた位置を起点に
 腕が走るように投げること

《指導のポイント》
・肩のラインより低い位置で肘を止めないこと
・肩のラインよりも前過ぎる位置で
 肘を止めないこと
・止めた肘が前後に動かないこと
・肘を止めた後、手が投球方向に
 走るようなイメージをすること
野球専門・動作解析サポート
BASEBALL ONEは
最新の動作解析システムを用いて
野球選手をサポートする
野球の総合レベルアップ施設です。

https://baseball-one.com/