ログイン

Sufu認定指導者の動画が見放題

お父さんお母さんのための少年野球指導 内野守備初級編② グラブの向き

目的/上達スキル
ゴロを捕る際のグラブの向きについての注意と指導
目安所要時間
1-2分
手順
1.腕を下ろし、グラブの面をやや正面に向ける。肘や前腕が突っ張ったりしないところまでで止める
2.緩いゴロを転がし、グラブの中指、薬指、小指の面でボールを受けているか見てあげる
指導のコツ・ポイント
グラブの向きについては、中の面を全て正面に向けようとすると少し窮屈になるので楽に腕を下ろしてグラブの中指、薬指、小指の面あたりでボールを捉えるような向きで自然に捕るように指導してください。実際にボールをゆるく転がして捕る練習を反復しましょう
UNO
宇野誠一
桐蔭学園高校→獨協大と内野手で活躍。社会人野球ではリクルート、ローソン、フェデックスに所属。
コーチ、監督経験も含め通算15年の社会人野球指導歴を持つ。
その後学童野球で6年間指導者として小学生を指導。
4年生から野球を始めた次男、三男を侍JAPANアンダー12代表に育てた(2014、18)
現在は中学硬式チームの監督を務める。

この動画モデルは2018侍JAPANアンダー12代表(アジア選手権ベストナイン)の宇野真仁朗くん。
14日間の無料体験を始める