<動画>サッカーが上手くなるフットサル「1対1」2ゴール自陣突破(スクリーンサポート) シュート【Sufu】

こちらは会員限定動画です。

サッカーが上手くなるフットサル「1対1」2ゴール自陣突破(スクリーンサポート) シュート
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
マネして覚える「ドリブルコントロール」の実戦向けトレーニング
「細かなタッチ」と一気に「スピードアップ」から、相手を交わすコントロールを意識
これを、応用で何度も繰り返す事で、相手を翻弄、剥がせるタイミングを作る
目安所要時間
10分
手順
1.縦20メートル横20メートルのグリットを作り、スタート地点の両サイドの端と端に2つのゴールを準備
2.ボールを出す人の両サイドに1名ずつスタンバイする
3.ボールを出す人のすぐ横に1名(スクリーンサポート)スタンバイする
4.ボールを出す人が、ボールを出した瞬間、2人はそのボールを奪いに行く
5.ゼロポジションを意識しながら相手DFの特に重心をみて、進む方向を選択する
6.ボールを出す人の合図で、スクリーンサポート役の人がスタート
7.呼び動作「親指タッチ」で何度か軽く触り間合いを図る(スクリーンサポートが近くに来るのを待つ)
8.スクリーンサポートがDFをブロックした瞬間、一気にスピードを上げ、2か所のゴールへシュート
9.ボールをDFが奪ったら、同じくスクリーンサポートを受けながら、シュートを目指す
指導のコツ・ポイント
肩の力を抜き、リラックスした状態でボールコントロールを行う
DFとの間合いを作り、一気にスピードを上げるなど変化を起こす
スピードを上げた時に、DFがつられた瞬間にドリブル突破、ついて来られた場合には、キックフェイントで、ボールを止められるイメージを持つ
DFがボールを奪ったらゴールを目指し、ボールが出るまで行う
相根 澄(さがね きよし、1973年10月4日 )
京都府出身 フットサル元日本代表、日本人初イタリアセリエAフットサルプレーヤー
東京ヴェルディフットサルクラブ シニアディレクター
特定非営利活動法人日本フットサル振興会 理事長
★指導歴★
2008年- 2009年 フットサル日本代表テクニカルスタッフ
2008年- 2011年 JFAスペシャルスタッフ
2011年 - 2012年 ステラミーゴいわて花巻 監督
2012年 - 2014年 湘南ベルマーレフットサルクラブ 監督
2014年 - 2015年 ヴォスクオーレ仙台 強化部長
2015年 - 2017年 スーパースポーツゼビオFリーグアンバサダー
サッカーが上手くなるために始めたフットサル
今までと比べ物にならない位サッカーが上手くなり、その過程でフットサルの奥深さに魅了されフットサル選手となる
そのフットサルで、日本代表、イタリアセリエAでプレーをするまでになった経験を、より多くの子供たちに伝えさせて頂く為に今回参加させていただきました

スポーツの練習メニュー動画がいつでも見放題。

通常会員は14日間無料でお試し頂けます。

14日間の無料体験を始める