<動画>肩が入りすぎないようにするための練習方法【Sufu】

こちらは会員限定動画です。

肩が入りすぎないようにするための練習方法
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
トップを作る際に前側の肩が
入り過ぎないようにするため
目安所要時間
10分(10〜20スイング)
手順
1.後ろ側の肘にボールを挟む
2.ボールを挟んだままバットを構える
3.トップを作りにいく
4.トップの位置でボールを
真後ろ(捕手側)に落とす
5.スイングする
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・肩を入れ過ぎてしまうと
 背中側にボールが落ちてしまうため
 捕手側にボールを落とすようにすること

《指導のポイント》
・肩を背中側へ入れずに
 まっすぐ捕手側へ引いていくこと
野球専門・動作解析サポート
BASEBALL ONEは
最新の動作解析システムを用いて野球選手をサポートする野球の総合レベルアップ施設です。

愛知県内に7施設展開し、メジャー仕様マウンドやトレーニング施設も設置しています。
動作解析システムを用いて、小学生からプロ野球選手まで累計9,000人以上の選手をサポート。
個人はもちろんのこと、中・高・大学のチームサポートも実施。

https://baseball-one.com/

スポーツの練習メニュー動画がいつでも見放題。

今なら14日間無料でお試し頂けます。

14日間の無料体験を始める