ヘッドを返す位置を確認するための練習方法

目的/上達スキル
インパクト時にボールに
力を伝えるため
目安所要時間
10回×3〜5セット
手順
1.肩幅より少し足を開き、膝を軽く曲げ
グリップとヘッドが同じ高さになるように構える。
2.腰と肩が動かないように
下半身を安定させ、手首を返す。
3.おへその前でインパクトを迎える。
4.フォロースイングは肩の高さに
バットが来るようにする。
5.バットを戻すときはスイング軌道が
ボールを打つ時と同じ軌道で戻す。
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・ボールが動いているとリストターンの位置が
 確認しづらいのでスタンドティーを使用する。
・スタンドティーを使用する際は
 腰から胸の位置にボールの高さを設定する。
・スタンドティーはアウトコースに設定する。
・両手が伸びた位置にスタンドティーを置き
 ヘッドから肩のラインまでが
 一直線になるように指導する。

《指導のポイント》
・膝を軽く曲げ、腰と肩が
 できるだけ動かないように注意すること
・おへその前で手首が返るように注意すること
・肘から先が動くようにし、手首に角度をつけること
野球専門・動作解析サポート
BASEBALL ONEは
最新の動作解析システムを用いて
野球選手をサポートする
野球の総合レベルアップ施設です。

https://baseball-one.com/