ログイン

Sufu認定指導者の動画が見放題

お父さんお母さんのための少年野球指導 バッティング①初級編 握りと構え

目的/上達スキル
バッティングはバットという道具を扱うため、その握りや構えはとても重要です。
素振りやボールを打つ前の段階でこの握りや構えを身につけてもらいたいと思います。
目安所要時間
1-2分
手順
1.バットのヘッドを下につけて手首で持ち上げるように握らせると自然と指の付け根で握れます。
2.下のての第2関節と上の手の第2関節を合わせると自然と脇の締まった握りになります。
3.構えは肩幅よりやや広いスタンスで、つま先が真っ直ぐに向いているようにしてください。
4.膝、股関節を軽く曲げ、背中を真っ直ぐにして両目でしっかり投手が見れるように立たせてください。
5.バットは自然に肩の上、耳の横くらいに45度くらいの角度で構えるのが最初はバットが出しやすいです。
指導のコツ・ポイント
子どもの手は小さいので手のひらの真ん中で握るケースも多いですが、いずれは指の付け根で握るグリップに近づけてあげたいと思います。バットの操作性は指の付け根で握るグリップの方が高いと言われています。

構えに関してはつま先の向き、膝が伸びていない、背中をまっすぐ、顔をしっかり投手に向けられることをチェックしてください。
UNO
宇野誠一
桐蔭学園高校→獨協大と内野手で活躍。社会人野球ではリクルート、ローソン、フェデックスに所属。
コーチ、監督経験も含め通算15年の社会人野球指導歴を持つ。
その後学童野球で6年間指導者として小学生を指導。
4年生から野球を始めた次男、三男を侍JAPANアンダー12代表に育てた(2014、18)
現在は中学硬式チームの監督を務める。

この動画モデルは2018侍JAPANアンダー12代表(アジア選手権ベストナイン)の宇野真仁朗くん。
14日間の無料体験を始める