サッカーが上手くなるフットサル「ドリブルコントロール」の基本「0ポジション」を知る②

目的/上達スキル
マネして覚える「ドリブルコントロール」の基本動作
「細かなタッチ」と「立ち足より後ろ」にボールを置く意識をもってマネしよう
ボールの置き所「0ポジション」を知ることで、ドリブルの選択肢が格段に増える
目安所要時間
10分
手順
1.10メートル程の距離を、立ち足からボールが前に行かないようにドリブル開始
※体の向きは横を向くことを意識
2.10メートルの距離の間を、とにかく細かく早く、そして沢山ボールに触る
3.コントロールが大きくなってしまっても、すぐにボールに追いつき、素早くボールの置き所(0ポジション)へ戻しドリブルを続ける
指導のコツ・ポイント
肩の力を抜き、リラックスした状態でボールタッチを行う
立ち足より前にボールが出ないように、常に細かなボールタッチを意識する
※このドリブル時のボールの置き所を「0ポジション」という
コントロールが大きくなってしまっても、すぐにボールに追いつき、ボールの置き所(0ポジション)へ戻す
相根 澄(さがね きよし、1973年10月4日 )
京都府出身 フットサル元日本代表、日本人初イタリアセリエAフットサルプレーヤー
東京ヴェルディフットサルクラブ シニアディレクター
特定非営利活動法人日本フットサル振興会 理事長
★指導歴★
2008年- 2009年 フットサル日本代表テクニカルスタッフ
2008年- 2011年 JFAスペシャルスタッフ
2011年 - 2012年 ステラミーゴいわて花巻 監督
2012年 - 2014年 湘南ベルマーレフットサルクラブ 監督
2014年 - 2015年 ヴォスクオーレ仙台 強化部長
2015年 - 2017年 スーパースポーツゼビオFリーグアンバサダー
サッカーが上手くなるために始めたフットサル
今までと比べ物にならない位サッカーが上手くなり、その過程でフットサルの奥深さに魅了されフットサル選手となる
そのフットサルで、日本代表、イタリアセリエAでプレーをするまでになった経験を、より多くの子供たちに伝えさせて頂く為に今回参加させていただきました