ログイン

Sufu認定指導者の動画が見放題

サッカーが上手くなるフットサル 「2グリット・ダイレクトパス」

目的/上達スキル
キックをする時により集中力を高めるトレーニング
しっかりとしたボールの当たる「位置」「角度」を意識し、一番大事な軸足とボールの距離をしっかりと掴む
ボールの中心を読むトレーニング
目安所要時間
10分
手順
1.パスコントロールするグリットを平行に2箇所、通過目標のマーカーを真ん中に2つ準備
※ここではパスの距離5メートル 横のグリットの距離10メートル
2.各グリット、パスを受ける側、出す側のの後ろにも最低一人準備
3.2グリット同時にパスコントロールをスタート
4.パスをしたら、もう一つグリットにサイドステップで移動し、次のパスを準備
5.パスがズレても良いように、常にどこでも動ける準備をする
6.ボールをしっかりと見て、一番蹴り易いところでボールに触れる
※反対の足でも蹴れるように
7.受けるパスが、ミスとなった場合は、直ぐに手で持っているボールでスタートさせる
※全員手でボールを持ちながら行っている
8.成功回数や、対面対戦などゲーム性を持つことで、集中力が増す
指導のコツ・ポイント
・肩の力を抜き、リラックスした状態でボールに触れる
・必ずダイレクトでボールに触れるようにする
・パスがズレても、直ぐに動ける準備をする
相根 澄(さがね きよし、1973年10月4日 )
京都府出身 フットサル元日本代表、日本人初イタリアセリエAフットサルプレーヤー
東京ヴェルディフットサルクラブ シニアディレクター
特定非営利活動法人日本フットサル振興会 理事長
★指導歴★
2008年- 2009年 フットサル日本代表テクニカルスタッフ
2008年- 2011年 JFAスペシャルスタッフ
2011年 - 2012年 ステラミーゴいわて花巻 監督
2012年 - 2014年 湘南ベルマーレフットサルクラブ 監督
2014年 - 2015年 ヴォスクオーレ仙台 強化部長
2015年 - 2017年 スーパースポーツゼビオFリーグアンバサダー
サッカーが上手くなるために始めたフットサル
今までと比べ物にならない位サッカーが上手くなり、その過程でフットサルの奥深さに魅了されフットサル選手となる
そのフットサルで、日本代表、イタリアセリエAでプレーをするまでになった経験を、より多くの子供たちに伝えさせて頂く為に今回参加させていただきました
14日間の無料体験を始める