サッカーが上手くなるフットサル 「歩幅ドリブルコントロール(足裏)」

目的/上達スキル
マネして覚える「ドリブルコントロール」の基本動作を活かし「0ポジション」を基本にする
スピードに乗った状態でも、いつでも方向を変えたり、止まれる様にする
目安所要時間
10分
手順
1.スタート地点とゴール地点を決める
※ここでは25メートル
2.止まった状態から、一気にドリブルスピードを上げる
3.必ず足裏でコントロールし前に進める
4.目標地点に到着した時には、確実に足裏でストップをする
5.手順1からまた繰り返し行う
指導のコツ・ポイント
・一気にスピードを上げて前進し、常にボールが自分から離れないように細かいステップを心がける
・走る歩幅と同じリズムで足裏でボールを触ると、スピードが落ちにくい
・足裏で触る癖が出来ると、コントロールが大きくなってもストップ、方向転換がしやすい
相根 澄(さがね きよし、1973年10月4日 )
京都府出身 フットサル元日本代表、日本人初イタリアセリエAフットサルプレーヤー
東京ヴェルディフットサルクラブ シニアディレクター
特定非営利活動法人日本フットサル振興会 理事長
★指導歴★
2008年- 2009年 フットサル日本代表テクニカルスタッフ
2008年- 2011年 JFAスペシャルスタッフ
2011年 - 2012年 ステラミーゴいわて花巻 監督
2012年 - 2014年 湘南ベルマーレフットサルクラブ 監督
2014年 - 2015年 ヴォスクオーレ仙台 強化部長
2015年 - 2017年 スーパースポーツゼビオFリーグアンバサダー
サッカーが上手くなるために始めたフットサル
今までと比べ物にならない位サッカーが上手くなり、その過程でフットサルの奥深さに魅了されフットサル選手となる
そのフットサルで、日本代表、イタリアセリエAでプレーをするまでになった経験を、より多くの子供たちに伝えさせて頂く為に今回参加させていただきました