ログイン

1日の練習メニューで個人技能 もしくはドリル練習・シュート ・グループ技能・試合形式のゲームです。


要望の背景

一年程前に顧問の先生が変わったのですがサッカー経験無く実技はむろんメニューから子供達にお任せで しかも 練習中にあまり顔だししてないようで 子供達が好きなように やりたい事のみしか練習せず三年生は最後の大会で惨敗でした。
新チームになり間もなく夏休みに入りますので ここで何とかできないものかと思い今回に至りました。

Sufu認定指導者の回答

ボンフィンサッカースクール

お問い合わせありがとうございます。
今回の提示が、新チーム立ち上げ及び夏休みも終盤を迎えている中となってしまい、申し訳ありません。
今からでもみなさんの活動のお役に立てれば幸いです。
中学生の部活動では顧問の先生が変わる影響は大きいですよね。
ただマイナスばかりではありません。
サッカーの試合中は自分たちで判断したり決断したりしながら実行するものです。
言葉にすると簡単で、分かってはいても…となるかもしれませんが、意図を話し合ったり、確認しあったり、まずはやってみる。
その中で、上手くいった、いかない。
上手くいかないね、じゃどうしたらいいんだろう、どこが原因なんだろうと自分たちでアイディアを出し合うチームはたくさんあります。
そういうことが面白いと感じられるようになるには少し時間がかかるかもしれませんが、貴重な機会ですから一緒に考えてみませんか。


Sufu認定指導者の動画が見放題

基礎トレーニング(体のいろいろな部位を使う)

目的/上達スキル
キックの基礎、トラップで使用する体の部位でボールを扱う事によって基礎技術を向上させる。
目安所要時間
10分-15分
手順
1.2人1組でボールを投げる人、受け取る人に分かれる。
ボールを投げてもらい、インサイドキック(足の内側)でボールを返す。
2.2人1組でボールを投げる人、受け取る人に分かれる。
ボールを投げてもらい、インステップキック(足の甲)でボールを返す。
3.2人1組でボールを投げる人、受け取る人に分かれる。
ボールを投げてもらい、アウトサイドキック(足の外側)でボールを返す。
4.2人1組でボールを投げる人、受け取る人に分かれる。
ボールを投げてもらい、すねでボールを返す。
5.2人1組でボールを投げる人、受け取る人に分かれる。
ボールを投げてもらい、ももでボールを返す。
6.2人1組でボールを投げる人、受け取る人に分かれる。
ボールを投げてもらい、胸でボールを返す。
7.2人1組でボールを投げる人、受け取る人に分かれる。
ボールを投げてもらい、肩でボールを返す。
8.2人1組でボールを投げる人、受け取る人に分かれる。
ボールを投げてもらい、頭でボールを返す。
9.手順1~手順8を体の反対側で同じく行う。
指導のコツ・ポイント
ボールをよく見て、相手の胸にボールを返すイメージで行う。
姿勢は周りを良く見渡せる姿勢をキープして猫背にならないように注意。
慣れてきたらテンポをあげて正確にボールを返せるようにする。

Sufu認定指導者の動画が見放題


目的/上達スキル
攻撃の個人戦術(マークを外す、コンビネーションで崩す、相手を観るなど)を身につける
目安所要時間
10-15
手順
1.攻撃役は2人でボール1つ。守備役は1人1つボールを持つ。
2.攻撃はドリブルをしながらボールを奪いに来る守備役にボールを奪われないようにボール回し。
指導のコツ・ポイント
幅を取りながら近づいてワンツー
相手のギャップ(DFとDFの間)を付くパス
相手の背後を狙う動き
2人のコンビネーション・連携を意識する

Sufu認定指導者の動画が見放題

パス&コントロール(ダイヤモンド)

目的/上達スキル
ボールを受けるタイミング、コントロールを学ぶ
目安所要時間
15-20
手順
1.ダイヤモンドのグリッドを作り、コーン・マーカーに人を配置。
2.コーンでボールを受ける人はコーンから離れてボールを受けて前方へパス。
3.ダイヤモンドをぐるぐる回るように繰り返す。逆回りも行う。
4.次はコーンでボールを受ける人はコーンの前でボールをコントロール、ターンして前方の人へパス。
5.ダイヤモンドがぐるぐる回るように繰り返す。逆回りも行う。
指導のコツ・ポイント
ボールを受けるタイミングを図る、止まって受けない
相手がプレーしやすいパスを出す
手順4の際にコーンから遠い足でコントロール・ターンを行う
マーカーでボールを受ける人は縦パスも出せる、横パスも出せる場所にボールをコントロールする

Sufu認定指導者の動画が見放題

シュートを打つ(ニア編)

目的/上達スキル
クロスを出す人が準備をする間にマークにくる相手をファーサイドに連れ出す
ファーに行くと見せる踏み込み、ステップワークが大事。
スピードの変化を持ち、ニアに走り込む。
早くニアに入りすぎない(クロスを出す人とのタイミングを図る)。
目安所要時間
10分以上
手順
1.サイドからボールを入れる。中の人はGKを見て、ニアサイド(ボールに近い方)に走り込みシュートを入れる。
指導のコツ・ポイント
ゴール前のシュートをニアで打つ。
相手がいる中でマークを外してシュートを打つ。

Sufu認定指導者の動画が見放題

シュートを打つ(ファー編)

目的/上達スキル
ゴール前のシュートをファーで打つ。
相手がいる中でマークを外してシュートを打つ。
目安所要時間
10分以上
手順
1.サイドからボールを入れる。中の人はGKから見て、ファーサイド(ボールに遠い方)に走り込みシュートを入れる。
指導のコツ・ポイント
クロスを出す人が準備をする間にマークにくる相手をニアに連れ出す
ファーに移動する際のステップワークが大事
①ファーにボールが来るまでに少し時間がある事を知る
②少し膨らむような、自分の前にスペースを作るようなステップワーク
③早く入りすぎない(ファーサイドの自分をボールが超えないように気をつける)

Sufu認定指導者の動画が見放題

シュートを打つ(下がってスペースを作ってから打つ編)

目的/上達スキル
意図してゴール前のシュートをよりフリーで打つ。
相手がいる中でマークを外してシュートを打つ。
目安所要時間
10分以上
手順
1.サイドからボールを入れる。中の人はゴール前に走り込むと見せかけて、下がってフリーでシュートを打てるようにする。
指導のコツ・ポイント
強く動く事で相手はスペースを埋めようと慌てて戻ることを知る。
クロスを出す人のタイミングを見計らってバックステップを駆使する。
下がって出来たスペースでボールを受けシュートをしっかり打つ(GKを観て届かない場所へ)

Sufu認定指導者の動画が見放題

ミニゲーム(3対3、GKなし→GKあり)

目的/上達スキル
ゴールを奪う、ゴールを守る/ボールを奪うことを意識した中でゲームを行う。
いたずらに、ただボールに寄らない。ゴールのどこを狙うのか、どこで受けるのか、視野と判断を伴った中でゲームを行う。
目安所要時間
10分
手順
1.ゴールキーパー無しの3vs3のゲーム。
2.今度はコーンをキーパーにして3vs3のゲームを行う。
指導のコツ・ポイント
ゴールを目指す、ボールを奪いにいく積極性を持たせた中でプレーさせる。
人の関係性(選択肢を持つ、持たせる)を気付かせるコーチングを心掛ける。
ただボールに触りたい、自分とボールだけの関係にならないように導く、気付かせる。
サッカー監修:川村 元雄
【指導歴】
ヴォルティス徳島U12、大塚製薬U12、U15、徳島ヴォルティスU12、
日本サッカー協会ナショナルトレセンコーチ四国担当、徳島ヴォルティスアカデミーダイレクター、
徳島ヴォルティス普及部長、FC東京普及部長、
日本サッカー協会公認B級養成講習会インストラクター(FC東京コース)
【資格】
日本サッカー協会公認A級ジェネラル・日本サッカー協会公認キッズリーダーチーフインストラクター

フットサル監修:小西 鉄平
【指導歴】
FリーグU23選抜監督、ミャンマー女子フットサル代表監督
日本サッカー協会フットサルインストラクター、AFC(アジアサッカー連盟)フットサルインストラクター
【資格】
JFA公認A級コーチジェネラルライセンス・JFA公認フットサルB級コーチライセンス

横山 哲久
【指導歴】
ASV ペスカドーラ町田 監督、FC VIGORE 監督
【資格】
日本サッカー協会公認B級ライセンス・日本サッカー協会公認フットサルB級ライセンス

※全コーチボンフィンサッカースクール所属

https://www.bonfim.co.jp/ochiai/junior/

14日間の無料体験を始める