視野の確保と判断スピード向上のためのトレーニングⅠ

目的/上達スキル
オンザボール:ルックアップ、動きながら変化する状況への対応
オフザボール:両方のゴールが見えるような身体の向きを作る
目安所要時間
5分~10分
手順
1.ルール
ゴール前にいるコーチにパスが通れば 1 点
どちらに攻めても良い
手を上げているコーチにのみパスができる
ディフェンスはボールホルダーにタッチ or パスカットでボールを奪える
指導のコツ・ポイント
コーチはランダムに手を上げ下げする
ゴールの状況をまず意識させ、そのために身体の向きを準備させる(両方のゴールを観れるように)
ボールホルダーは止まっているとすぐにタッチされるため、動きながら判断をする
サッカー監修:川村 元雄
【指導歴】
ヴォルティス徳島U12、大塚製薬U12、U15、徳島ヴォルティスU12、
日本サッカー協会ナショナルトレセンコーチ四国担当、徳島ヴォルティスアカデミーダイレクター、
徳島ヴォルティス普及部長、FC東京普及部長、
日本サッカー協会公認B級養成講習会インストラクター(FC東京コース)
【資格】
日本サッカー協会公認A級ジェネラル・日本サッカー協会公認キッズリーダーチーフインストラクター

フットサル監修:小西 鉄平
【指導歴】
FリーグU23選抜監督、ミャンマー女子フットサル代表監督
日本サッカー協会フットサルインストラクター、AFC(アジアサッカー連盟)フットサルインストラクター
【資格】
JFA公認A級コーチジェネラルライセンス・JFA公認フットサルB級コーチライセンス

横山 哲久
【指導歴】
ASV ペスカドーラ町田 監督、FC VIGORE 監督
【資格】
日本サッカー協会公認B級ライセンス・日本サッカー協会公認フットサルB級ライセンス

※全コーチボンフィンサッカースクール所属

https://www.bonfim.co.jp/ochiai/junior/