ログイン

ボールを使わなくてもできるウォーミングアップ
サッカーの動きに必要な体幹トレーニング


要望の背景

専門外の競技になるため指導するにあたり参考にさせていただきたいです。

Sufu認定指導者の回答

平田 英治

手と足の協調性や身体の平衡性や敏捷力を高めるためのウォーミングアップを取り上げました。股関節、肩関節の可動域を広げることや柔軟性を持たせ、いろんな動きに対応できることが大事になります。サッカーでは、「ブラジル体操」と呼ばれる動的ストレッチ(ダイナミックストレッチ)が主流になっています。リズミカルに行えるので選手は、楽しんで行えると思います。


Sufu認定指導者の動画が見放題

ボディ・コーディネーション_1

目的/上達スキル
練習前、試合前のウォーミングアップ
手順
1.全身をリラックスさせてリズミカルに行う。
2.腕と脚の動きがコーディネートできるようにする。
指導のコツ・ポイント
筋温を高めたり、関節の可動域を大きくすることで柔軟性を高め主運動(練習、試合)にスムーズに移行する。
傷害を未然に防ぐ。
手と足の協調性や身体の平衡性や敏捷性を高める。

Sufu認定指導者の動画が見放題

ボディ・コーディネーション_2

目的/上達スキル
練習前、試合前のウォーミングアップ
手順
1.全身をリラックスさせてリズミカルに行う。
2.腕と脚の動きがコーディネートできるようにする。
指導のコツ・ポイント
筋温を高めたり、関節の可動域を大きくすることで柔軟性を高め主運動(練習、試合)にスムーズに移行する。
傷害を未然に防ぐ。
手と足の協調性や身体の平衡性や敏捷性を高める。

Sufu認定指導者の動画が見放題

ボディ・コーディネーション_3

目的/上達スキル
練習前のウォーミングアップ
手順
1.お互いにショルダーチャージをしながら前進する。
タイミングを合わせること。
2.お互いに負荷をかけながらランニングをする。
指導のコツ・ポイント
お互いに負荷をかけあうことで体幹のバランスや筋肉に刺激を与える。主運動(練習、試合)にスムーズに移行する。
傷害を未然に防ぐ。

Sufu認定指導者の動画が見放題

ボディ・コーディネーション_4

目的/上達スキル
練習前、試合前のウォーミングアップ
手順
1.全身をリラックスさせてリズミカルに行う。
2.腕と脚の動きがコーディネートできるようにする。
指導のコツ・ポイント
筋温を高めたり、関節の可動域を大きくすることで柔軟性を高め主運動(練習、試合)にスムーズに移行する。
傷害を未然に防ぐ。
手と足の協調性や身体の平衡性や敏捷性を高める。

Sufu認定指導者の動画が見放題

ボディ・コーディネーション_5

目的/上達スキル
練習前、試合前のウォーミングアップ
手順
1.全身をリラックスさせてリズミカルに行う。
2.腕と脚の動きがコーディネートできるようにする。
指導のコツ・ポイント
筋温を高めたり、関節の可動域を大きくすることで柔軟性を高め主運動(練習、試合)にスムーズに移行する。
傷害を未然に防ぐ。
手と足の協調性や身体の平衡性や敏捷性を高める。

Sufu認定指導者の動画が見放題

ボディ・コーディネーション_6

目的/上達スキル
練習前のウォーミングアップ
手順
1.筋肉の弾力性を高め、関節の可動域を増加させる。
2.体幹が、ぐらつかないように意識する。
指導のコツ・ポイント
筋温を高めたり、関節の可動域を大きくすることで柔軟性を高め主運動(練習、試合)にスムーズに移行する。
すばやいダッシュ、急ストップ、ジャンプなど瞬間的に大きな力を発揮する前に筋肉に刺激を与え、傷害を未然に防ぐ。
<選手歴>
マツダーサンフレッチェ広島ーベネショフ(SK Benesovチェコリーグ)-山口教員団(現レノファ山口)-大塚製薬サッカー部
<指導歴>
大塚製薬サッカー部ー徳島ヴォルティス
2015年より四国大学女子サッカー部監督に就任。
四国大学講師。

https://www2.hp-ez.com/hp/egrets

14日間の無料体験を始める