ログイン

コントロール(トラップ)、攻守の切り替え


要望の背景

自分たちで練習を組み立てていく事になったから

Sufu認定指導者の回答

ボンフィンサッカースクール

お問い合わせ、ありがとうございました。
中学生のうちから自分達で考えて練習をするのはとても大事なことだと思います。
そんなみなさんのお役に少しでも立てれば嬉しいです。
今回はパス&コントロールを中心に内容を組み合わせました。
またご希望のあった攻守の切り替えはサッカーの中では常に必要とされるため、各練習の中で意識して行う事が試合に繋がると思い、あえて攻守の切り替えだけを抜き取ってはいません。
ボールを保持しながらゴールを奪う!常に攻撃方向へ向かう、奪われたらすぐに奪い返す!ゴールを守るというサッカーの本質はしっかり意識してみてくださいね。


Sufu認定指導者の動画が見放題

ポゼッション(パス&コントロール)

目的/上達スキル
5人及び中央のゾーンを視野に入れた中でのパス&コントロールの技術の獲得
遠くを見ながら、遠くに蹴れるコントロールから近くにパスを出すなどの選択肢を持つ、そのプレーの実践
目安所要時間
10分
手順
1.真ん中に四角のエリアを配置。周りは5人でパス&コントロール。
タイミングで四角の中でパスを受ける。四角の中はアンダーツータッチ。
2.止まった状態でプレーをするのではなく、味方がワンタッチでパスを出せるようにしたり、ドリブルで運ぶ中で味方を観ながらプレーしたり変化を作る工夫をしてみましょう。
指導のコツ・ポイント
ボールを止めてから探すのではなく、ボールの移動中(自分にボールが来る前)に体の向き、視野を持つ。
1stタッチに狙いを持ち、方向を変えたり、ボールに触れる瞬間スピードに乗りボールを持ち出すなど工夫(実戦を意識)をする。

Sufu認定指導者の動画が見放題

ポゼッション(3対3+2F)

目的/上達スキル
ピッチを広く使う(相手に狙いを定めさせない、寄るタイミングを図る)
ボールを受ける前にどのような狙いを持てるか
目安所要時間
10-15分
手順
1.3vs3+2フリーマン。コートには障害物を配置。
相手にボールを奪われないよう、ボールを繋ぐ。リターンパス禁止。
指導のコツ・ポイント
リターンパスをなくすことで、より遠くを観ておく、3人目を観る習慣付けを図る
ボールを持たない選手がどのように関わるのかを指導者が見れるようにする
数的優位の中で難易度を調整する(Fを2→1にする、コーンの数を減らす)

Sufu認定指導者の動画が見放題


目的/上達スキル
数的同数でボールを保持できているのなら2対2で突破を図る
闇雲にならず意図のある、タイミングのよいアクションから突破を図る
目安所要時間
10-15分
手順
1.2対2+両チーム1フリーマンを配置。2対2を行いゴールはラインゴール。
2.後ろに配置しているフリーマンは自チームがボールを持った時に中に入ってこれる。その場合、1人外に出て中は常に2対2の状況。
指導のコツ・ポイント
前に関わるようにしたい
ドリブル突破、スルーパス、ワンツー、3人目の動きなど攻撃に幅が出るようにしたい

Sufu認定指導者の動画が見放題


目的/上達スキル
ボールを動かしながら意図した突破を図る(緩急、方向、崩し)
ボールを受ける前にどのような狙いを持てるか、ボールを触る時にスピードに乗る、失わずに前に運ぶ
目安所要時間
10-15分
手順
1.3vs3+両チーム1フリーマンを配置。3対3を行い、ゴールはラインゴール。後ろに配置しているフリーマンは自チームがボールを持った時に中に入ってこれる。
その場合、1人外に出て中は常に3対3の状況。
指導のコツ・ポイント
前に関わるようにしたい
ドリブル突破、スルーパス、ワンツー、3人目の動きなど攻撃に幅が出るようにしたい

Sufu認定指導者の動画が見放題


目的/上達スキル
3人のイメージを合わせる
シュートをしっかり四隅に打つ、決める
技術(蹴り込む、打たせるパスを出す、パスの強さ、タイミング)の獲得
目安所要時間
10-15分
手順
1.青コーン側は両サイドに分かれてジグザグドリブル・終わったら逆サイドの人にパス。赤コーン側はジグザグドリブルが終わったら、フリーマンにパス。フリーマンは逆サイドの人にパス。
2.※発展なのでシュートはワンタッチで打てるように入り込む、しっかりラストパスを送る
指導のコツ・ポイント
ドリブル時のルックアップ、いつどこにパスを出すのか及びそのタイミングを図る
パスが来るまでの間に四隅をしっかり見て狙って蹴り込む

Sufu認定指導者の動画が見放題


目的/上達スキル
状況判断を行いゴールを決める為の選択・行動を身につける
目安所要時間
20-30
手順
1.3対3+GKを配置。ハーフラインを越えればどちらのゴールにシュート出来る。
2.ボールだし役から任意のチームにボールを出してスタート。
指導のコツ・ポイント
ボールに対して関り続ける(数的優位を作る)
コミュニケーション
顔をあげて状況判断をする
サッカー監修:川村 元雄
【指導歴】
ヴォルティス徳島U12、大塚製薬U12、U15、徳島ヴォルティスU12、
日本サッカー協会ナショナルトレセンコーチ四国担当、徳島ヴォルティスアカデミーダイレクター、
徳島ヴォルティス普及部長、FC東京普及部長、
日本サッカー協会公認B級養成講習会インストラクター(FC東京コース)
【資格】
日本サッカー協会公認A級ジェネラル・日本サッカー協会公認キッズリーダーチーフインストラクター

フットサル監修:小西 鉄平
【指導歴】
FリーグU23選抜監督、ミャンマー女子フットサル代表監督
日本サッカー協会フットサルインストラクター、AFC(アジアサッカー連盟)フットサルインストラクター
【資格】
JFA公認A級コーチジェネラルライセンス・JFA公認フットサルB級コーチライセンス

横山 哲久
【指導歴】
ASV ペスカドーラ町田 監督、FC VIGORE 監督
【資格】
日本サッカー協会公認B級ライセンス・日本サッカー協会公認フットサルB級ライセンス

※全コーチボンフィンサッカースクール所属

https://www.bonfim.co.jp/ochiai/junior/

14日間の無料体験を始める