ログイン

基本的なサッカーの動き、クイックネスの強化、パスの練習、オフザボールの動き


要望の背景

いつもと違った練習を取り入れたい

Sufu認定指導者の回答

ボンフィンサッカースクール

お問い合わせありがとうございます。
基本的な内容での組み合わせをご提案します。
高学年になるとオフザボールの動きも大事になってきますよね。
その際、技術的な、判断の要素の部分に関して、”観る”ということが基本になると思います。
きちんと足元に収める、ボールホルダーが蹴れる状態の中、意図をもって動き出す。
またはボールホルダーが1stタッチを意図して動かす(前方のスペースへ持ち出す)ことで、受け手がタイミングを取りながらボールを受けることが出来、周囲もそれに反応し、攻撃に厚みが増すという発展にもつながります。
サッカーはチームスポーツですから、互いの意図を合わせる工夫をしながら、みんなで上手くなっていけるといいですね。


Sufu認定指導者の動画が見放題

w/up パス&ムーヴ②(足を使って)

目的/上達スキル
・パスして動き次のプレーに移る(パスを受ける)ことを覚える。
・蹴る足の面を固定しタイミングよくボールに足を合わせる。
目安所要時間
10
手順
1.円になって外から中にパスをしたら、外は中に、中は外に出る。
パス交換をしながら繰り返す。
2.タイミングで逆回りで行う。
指導のコツ・ポイント
・自分がプレーしたい足の前に少しスペースを作る(少し自分が下がる)。
・1歩タイミングよく出されたボールに寄る。

Sufu認定指導者の動画が見放題

w/up パス&ムーヴ③(状況判断の導入)

目的/上達スキル
・目の前の次のプレーばかりではなく、その次のプレーを考える(見つける、判断する、実行する)。
・3人目の動き(パスの出し手、受け手、その次に関与するプレーヤーの動き)を覚える。
目安所要時間
10
手順
1.円になってオレンジ・ピンク・黄の3色でパス交換。
同じ色へのパスはなし。隣へのパスも無し。パスを出した人は受け手に対して、受け手が次にボールをパスする人を名前で指示する。
2.手順1を繰り返し行う。
指導のコツ・ポイント
・難易度に応じて、互いの距離(次、その次を観て判断する時間が作れる)、タッチ数を工夫する。

Sufu認定指導者の動画が見放題

スペースヘのコントロール

目的/上達スキル
前方のスペースへボールと一緒にスピードに乗って侵入する
スペースにボールをコントロールしている間に次にパスを出す人を確認する。
目安所要時間
10分
手順
1.コーンのゲートを向かい合わせて少し対角線上に置く。
そのゲートの間に人を立たせる。
2.ボールを受けた人はスピードにのってコントロールして逆サイドの人にパスを出す。
3.手順2を繰り返す。
指導のコツ・ポイント
ボールを受ける前にスペースを観ておく
ボールに寄るタイミングを取る。
受ける際に足の面(この場合は内側)を固定し、タイミングよく押し出す。

Sufu認定指導者の動画が見放題

3人の関係でボールを受ける(シャドーTR、サイドで)

目的/上達スキル
逆サイドから展開されるボールをフリーで受ける。フリーで受けられるようなパスを出す。
目安所要時間
10分以上
手順
1.ボールサイドに2人、逆サイドに1人。逆サイドから展開されるボールを受ける。
指導のコツ・ポイント
受ける選手は体を前に向けるために少し弧を描くようなステップを踏む
①自分にパスを出す選手が逆サイドの選手からボールを受けようとするとき(意識付け)
②自分にパスを出す選手が蹴れるタイミングを観察する。
③出し手は前に進める且つ、そのパスで相手と入れ替われるようなパスを出す。

Sufu認定指導者の動画が見放題

3人の関係でボールを受ける(シャドーTR、応用編)

目的/上達スキル
応用編として、自分が動いて出来たスペースを他の人に使わせる
使わせた後のプレーまで意識して次に自分がボールを受けて攻撃に備える
目安所要時間
10分以上
手順
1.ボールサイドに2人、逆サイドに1人。逆サイドから展開されるボールを受ける。
指導のコツ・ポイント
・サイドの選手が意図して受ける準備をする
・出し手はサイドの選手をマークする相手がつられたのを確認しながら中盤の選手にボールを預ける
・中盤の選手はマークされているし、失ってはいけないエリアの為、フリーなサイドの選手を使う
・サイドの選手は意図して動き中盤の選手からのパスをスペースでタイミングよく受ける

Sufu認定指導者の動画が見放題

U12対象・フリーマン付game

目的/上達スキル
・ボールがない時に受ける準備をし、パスを背後で受けたり、足元で受けたりと個人戦術を学ぶ
目安所要時間
15-20
手順
1.センターラインでコートを割って、各コートで2vs2+中央にフリーマン1人、両ゴールにGKを配置。
中央のフリーマンにボールを当てて攻撃をする。
2.ドリブルでセンターラインを越える事は出来ない。前線にパスを入れる手段としてはフリーマンにボールを入れるか、前線に直接ボールを入れる。
指導のコツ・ポイント
・攻撃側は常にゴールを目指す中で、シュートを打てる場所でボールを受けられるようにしたい。
・守備側のマークを外すタイミングを覚えさせたい。
・フリーマンを経由する事で、フリーマンが受けた時にタイミングよく動き出すことを覚えさせたい。
サッカー監修:川村 元雄
【指導歴】
ヴォルティス徳島U12、大塚製薬U12、U15、徳島ヴォルティスU12、
日本サッカー協会ナショナルトレセンコーチ四国担当、徳島ヴォルティスアカデミーダイレクター、
徳島ヴォルティス普及部長、FC東京普及部長、
日本サッカー協会公認B級養成講習会インストラクター(FC東京コース)
【資格】
日本サッカー協会公認A級ジェネラル・日本サッカー協会公認キッズリーダーチーフインストラクター

フットサル監修:小西 鉄平
【指導歴】
FリーグU23選抜監督、ミャンマー女子フットサル代表監督
日本サッカー協会フットサルインストラクター、AFC(アジアサッカー連盟)フットサルインストラクター
【資格】
JFA公認A級コーチジェネラルライセンス・JFA公認フットサルB級コーチライセンス

横山 哲久
【指導歴】
ASV ペスカドーラ町田 監督、FC VIGORE 監督
【資格】
日本サッカー協会公認B級ライセンス・日本サッカー協会公認フットサルB級ライセンス

※全コーチボンフィンサッカースクール所属

https://www.bonfim.co.jp/ochiai/junior/

14日間の無料体験を始める