この記事をお気に入り
お気に入り済み

こちらは会員限定動画です。

タイミングを取るための練習方法
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
振り出しのタイミングを覚えるため
目安所要時間
10分程度(20〜30スイング)
手順
1.構える
2.ティーのボールをワンバウンドさせる
3.タイミングを合わせ
踏み込み足を着地させる
4.スイングする
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・構えた時に下を向かないようにすること
・頭が突っ込まないようにすること
・踏み込み足がクロスしないようにすること

《指導のポイント》
・タイミングが合わないときは
 ボールを見送ること
・無理にボールを打ってしまうと
 態勢が崩れるのでスイングが始まって
 タイミングがあっていなければ
 空振りすること

こちらは会員限定動画です。

間を作るための練習方法
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
動き出しのタイミングを覚えるため
目安所要時間
10分程度(20〜30回)
手順
1.構えるた状態で後ろを向き
後ろからトスをしてもらう
2.インパクトまでボールを待ち
踏み込み足を下ろしていく
3.トップを作り
トップから振り出す
4.投手方向へ打つ
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・投手側の肩が入らないようにすること
・引き手を引かないようにすること
・インパクトの位置を
 ずらさないようにすること
・必ず体重移動をすること

《指導のポイント》
・後ろを向く時に
 投手側の肩が入ると
 肩を振ってしまうので
 肩が入らないようにすること
・グリップが出てしまうと
 インパクトがズレるので
 インパクトを意識すること
・打ったボールは投手方向に
 飛ぶようにすること

こちらは会員限定動画です。

外角を打つための練習方法
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
外角のボールを打つための
体の動きを覚えるため
目安所要時間
10分程度(20〜30スイング)
手順
1.構える
2.投げ手はバッターボックスの斜め後ろから
ボールをインコースに向かって投げる
3.ステップしてボールを打つ
打球方向は左打者であれば左中間、
右打者であれば右中間に打っていくようにする
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・バットのグリップを出さないようにすること
・バットを背中側に引いてこないこと
・肩を振らないようにすること
・バットをホームベース方向に出すこと
・目でボールを追いかけ過ぎないこと

《指導のポイント》
・グリップを出して打とうとする選手が多いので
 おへその前でリストターンをさせること
・バットを返す位置はおへその前にすること
・構えた時に後ろを向く形になるので
 肩が入らないように気をつけること
・打球方向は左打者であれば左中間
 右打者であれば右中間を意識させること

こちらは会員限定動画です。

インパクトと頭の距離を覚える為の練習方法
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
正しいスイング軌道を覚えるため
インパクトと頭の距離感を覚えるため
押し手の使い方を覚えるため
目安所要時間
5分程度(20~30スイング)
手順
1.片手用バットもしくは通常のバットを
用意します
2.押し手の片手でバットを持ち(通常のバットは短く持ち)
軸足の膝を地面につけ
前足は投手方向へ伸ばした状態で構える
3.その姿勢のまま押し手だけで打ちます
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・押し手を自分の体の方へ
 巻き込まないようにすること
・上半身でボールを追いかけ
 押し手が体から離れていかないようにすること

《指導のポイント》
・押し手は曲がったままではなく
 投手方向へ伸びていくようにすること
・膝立ちしている軸足が緩むと
 押し手側の肩が前にでてきやすく
 開きやすくなるので注意すること

こちらは会員限定動画です。

足を速くするための足首トレーニング
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
瞬発力を向上させるため
地面を蹴る力を強化するため
地面反力を使う能力を獲得するため
目安所要時間
3分程度(10回×2セット)
手順
1.立った状態から真上にジャンプする
2.着地すると同時に足首の力で地面を蹴る
この着地の時に出来るだけ膝は曲がらないようにする
3.連続で足首でのジャンプを行う
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・着地で膝が曲がりすぎてしまうと
 足首の力を使いにくくなってしまうので
 膝を伸ばした状態で行うようにすること
・アンクルジャンプを行なって
 ダッシュをするなどダッシュの前に行うことで
 走力アップにも効果的なメニューとなる

《指導のポイント》
・まずはその場で行い真上に力を出すように意識すること
・高く飛ぶためには足首の蹴るタイミングを意識すること
・上半身の前後の動きが出てしまわないように注意すること

こちらは会員限定動画です。

下半身の瞬発力向上トレーニング
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
下半身の瞬発力向上
瞬発的な力の発揮を獲得するため
力を発揮するための体の使い方を獲得するため
目安所要時間
3分程度(10回×2セット)
手順
1.正座の姿勢を作る
2.出来るだけ反動はつけずにジャンプする
3.スクワットポジションで着地する
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・上半身は少し前傾させた状態で
 行うことでジャンプしやすくなる
・腕の振りは使わずに
 足を引き上げる反動を使ってジャンプする

《指導のポイント》
・正座が出来ない選手は
 出来る範囲で行うこと
・ジャンプする時には
 少し上半身も前傾させること
・足は外から回して前に出すのではなく
 足の引き上げで前に踏み出すこと
・スクワット姿勢の着地も安定させること

こちらは会員限定動画です。

バランスと瞬発力につながるジャンプトレーニング
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
バランス能力を獲得するため
瞬発的な力の発揮を獲得するため
足の蹴る力を強くし走力アップにつなげるため
体の動きをコントロールしながら強い力を発揮するため
目安所要時間
3分程度(左右各10回×1〜3セット)
手順
1.片足でバランスをとった状態で立つ
2.浮かせた足を後ろに引いて
同側の腕を前に出して両腕も走る動作をする
3.足を引き上げる動作とともに
片足の立っている足で真上にジャンプする
4.ジャンプの着地でバランスを取りながら
次のジャンプの準備をする
5.バランスをとりながら連続して
ジャンプを行う
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・バランスが取れない場合は
 1回1回分けて行うこと
・足のスイング動作をまっすぐに行うことで
 動きのブレを少なくすること
・腕の振りも使うことで
 バランスをとりやすくすること

《指導のポイント》
・着地した足でバランスをとること
・足を振り上げてジャンプをする際に
 上半身がぶれてしまうと次の着地での
 バランスが取りにくくなる
・腕の振りと足のスイングのタイミングを
 合わせることもバランスを取るためのポイント
・徐々にジャンプする高さや
 連続した動きというようにレベルアップしていくこと

こちらは会員限定動画です。

股関節をスムーズに動かすためのトレーニング
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
股関節の柔軟性を改善するため
股関節の可動域を広げるため
股関節の回旋動作をスムーズにするため
目安所要時間
3分程度(交互10〜20回×2セット)
手順
1.開脚動作を行う
2.片方のつま先を上に向け
反対の足のつま先は前に倒す
3.上に向いているつま先側に
体も回転させていく
(後ろ足の膝が曲がらないように注意)
4.体を反対に向くと同時に
上に向いていたつま先は前に倒し、
前に倒していたつま先は上に向ける
5.左右交互に回転を行っていく
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・膝を伸ばした状態で行うことで
 股関節の動きがスムーズになる
・体の回転動作と股関節の動きを
 合わせて行う

《指導のポイント》
・開脚の際に膝を伸ばした状態で行うこと
・体の回転動作を行い足を手で挟むようにすること
・出来るだけ広く開脚した位置で
 回旋動作を行うこと
野球専門・動作解析サポート
BASEBALL ONEは
最新の動作解析システムを用いて野球選手をサポートする野球の総合レベルアップ施設です。

愛知県内に7施設展開し、メジャー仕様マウンドやトレーニング施設も設置しています。
動作解析システムを用いて、小学生からプロ野球選手まで累計9,000人以上の選手をサポート。
個人はもちろんのこと、中・高・大学のチームサポートも実施。

https://baseball-one.com/

スポーツの練習メニュー動画がいつでも見放題。

今なら14日間無料でお試し頂けます。

14日間の無料体験を始める