この記事をお気に入り
お気に入り済み

こちらは会員限定動画です。

軸足の押し込みを覚える練習方法
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
体重移動時の軸足の使い方を習得し
ボールに力を伝えていくため
目安所要時間
10分(10〜20球)
手順
1.グローブ側の肩を投げる方向へ向け
軸足で一本で立つ
2.軸足でキャッチャー側に大きくジャンプする
3.軸足で着地し、そのまま投球フォームに入り
投球する
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・軸足の母指球と土踏まず側に力を入れ
 ステップすること
・ジャンプした時に頭が前に流れないこと
・ジャンプしようと軸足に体重を乗せすぎ
 頭が後ろに残らないようにすること

《指導のポイント》
・軸がブレないように注意しながら
 軸足で蹴るようにすること
・上に飛ばないように投げる方向へ飛ぶこと

こちらは無料ピックアップ動画です。

無料ピックアップ動画一覧はこちら

体の開きを抑える練習方法
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
ステップ足の着地の際に
肩と腰が開いてしまう選手
に対する修正方法
目安所要時間
5〜10分程度
手順
1.胸が横を向き
(右投手は三塁側、左投手は一塁側)
足を揃えて立つ
2.軸足一本で立ち
肩と地面が平行のまま
前足をステップする
3.ステップ足で地面を蹴り上げ
軸足一本で立った体勢まで戻る
4.1回目のステップと同じように
体の開きを抑えた状態で投球する
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・前足を踏み込んだ時に両足のつま先の
 方向が同じ方向を向く
・ステップ時に前足の外側のくるぶしを
 キャッチャー方向に向けたまま出していく

《指導のポイント》
・前足を踏み込んだ時に
 頭が突っ込まないようにする
・前足を踏み込んだ時に
 つま先が膝よりも前に出ないようにする
・踏み出したあと軸足に戻る際は
 地面をしっかり蹴り、軸足でまっすぐ立つ

こちらは会員限定動画です。

グローブ側の腕の引きつけを覚える練習方法
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
グローブ側の腕を引きつける動作を習得し
球速アップを目指すため
目安所要時間
5~10分(10球程度)
手順
1.ステップ幅に足を開く
2.肩の高さにグローブを投球方向に出す
3.グローブ側の脇を締める
4.手順2,3を2回繰り返し
3回目にグローブ側の脇を締めると同時に
体を回転させ、投球する
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・グローブを出した際、肩から指先まで
 一直線になるようにすること
・グローブを出すときにグローブの中を見せること
・グローブ側の脇を締めること

《指導のポイント》
・グローブ側の脇を締めると同時に
 上半身を回転させること
・上半身だけで回転しないこと
・下半身から回転する意識をすること
・横振りにならないようにすること

こちらは会員限定動画です。

投球フォームを大きくするための練習方法
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
ボールに力をしっかり伝えていくために
体を大きく使って投げられるようにするため
目安所要時間
5分(10〜20回)
手順
1.グローブ側の肩を投げる方向に向け
足は肩幅よりやや広めに広げ、立つ
2.両腕を大きく回す
(右投手:反時計回し、左投手:時計回し)
3.腕を大きく回す動きの中で投球する
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・腕だけで回さないようにすること
・グローブ側の腕が通ったところを
 投球腕も通るようにして投げること

《指導のポイント》
・回す際に両腕が縮こまらないように
 大きく回すこと
・腕を回す際に一緒に頭がぶれないようにすること
・投球後は前足に体重が乗るようにすること

こちらは会員限定動画です。

フォロースルーが小さくならないようにする練習方法
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
フォロースルーを大きく取り
コントロールの安定と球速アップを図るため
目安所要時間
5~10分(10球程度)
手順
1.軸足に力を溜め、体重移動を行う
2.リリース時に肘が抜けないようにする
3.フォロースルー時に背中の後ろから
ボールを前に投げる
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・フォロースルー時に
 背中の後ろからボールを前に投げること
・フォロースルーを大きく取り体をひねること
・背中を叩くように腕をスイングすること

《指導のポイント》
・肘が抜けないようにすること
・肘の位置が下がらないようにすること
・上体が浮いた状態でフォロースルーを行わないこと

こちらは会員限定動画です。

力の伝え方を覚えるメニュー
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
地面を押す感覚をつかむため
力を伝えやすい動きの獲得するため
目安所要時間
5分(左右各5〜10回×2セット)
手順
1.長座の姿勢(足を伸ばして座った姿勢)
から片足を曲げる
2.曲げた足に重心を乗せて
そのまま片足で立ち上がる
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・膝の位置を動かさないようにして
 重心を前に持っていくと立ち上がりやすくなる
・重視の位置を動かすことを
 意識することで体も動かしやすくなる
・できない場合は前から手を引いてあげて
 重心を前に持ってくるようにすることで
 感覚をつかみやすくなる
・片足でゆっくり座ることができるようになれば
 立ち上がりの感覚もわかりやすくなる
・かかとをお尻に近づけると
 重心の位置を前に出しやすくなる

《指導のポイント》
・片足立ちをする足の裏は
 全体が地面に着いた状態で行うこと
・膝の位置が前に出てしまうと
 立ち上がることも難しくなってしまうこと
・頭の位置が後ろにあると
 立ち上がりも難しくなる
・膝も左右にぶれてしまわないように
 注意すること

こちらは会員限定動画です。

下半身の瞬発力向上トレーニング
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
下半身の瞬発力向上
瞬発的な力の発揮を獲得するため
力を発揮するための体の使い方を獲得するため
目安所要時間
3分程度(10回×2セット)
手順
1.正座の姿勢を作る
2.出来るだけ反動はつけずにジャンプする
3.スクワットポジションで着地する
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・上半身は少し前傾させた状態で
 行うことでジャンプしやすくなる
・腕の振りは使わずに
 足を引き上げる反動を使ってジャンプする

《指導のポイント》
・正座が出来ない選手は
 出来る範囲で行うこと
・ジャンプする時には
 少し上半身も前傾させること
・足は外から回して前に出すのではなく
 足の引き上げで前に踏み出すこと
・スクワット姿勢の着地も安定させること

こちらは会員限定動画です。

上半身の瞬発力を高めるトレーニング
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
上半身の瞬発的な力の発揮を習得するため
上半身を強化するため
上半身の力を伝える動きを獲得するため
目安所要時間
3分程度(5〜10回×2セット)
手順
1.腕立て姿勢を作る
2.腕立て姿勢から体を下ろし
上に上がる勢いを使ってジャンプする
3.ジャンプをしている間に
両手で拍手をして腕立てに戻る
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・腕立ての下から上がる勢いを使って
 拍手する
・腕の力だけでなく体幹を使うことで
 動きも安定する

《指導のポイント》
・腕立て姿勢の下から瞬発的に
 地面を押して体を浮かせること
・体が浮いた瞬間に拍手をすること
・地面を腕で押す感覚をつかむこと
野球専門・動作解析サポート
BASEBALL ONEは
最新の動作解析システムを用いて野球選手をサポートする野球の総合レベルアップ施設です。

愛知県内に7施設展開し、メジャー仕様マウンドやトレーニング施設も設置しています。
動作解析システムを用いて、小学生からプロ野球選手まで累計9,000人以上の選手をサポート。
個人はもちろんのこと、中・高・大学のチームサポートも実施。

https://baseball-one.com/

スポーツの練習メニュー動画がいつでも見放題。

今なら14日間無料でお試し頂けます。

14日間の無料体験を始める