この記事をお気に入り
お気に入り済み

こちらは無料ピックアップ動画です。

無料ピックアップ動画一覧はこちら

アッパースイングを修正する方法
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
アッパースイングで悩んでいる選手への練習方法
・アッパースイングになってしまう原因
・どのような体の使い方をしているのか?
・アッパースイングの改善方法とは?
について紹介します。
目安所要時間
10分程度(1日20〜30スイング×1〜2セット)
手順
1.軸足側の押し手でバットを持つ。
(バットを短めに持って下さい。)
2.バットを肩に置いて
グリップをキャッチャー方向に向けて構える。
3.構えた形のままスイングを行う。
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・腰と連動してグリップを出す事
・構えたバットの位置からそのまま出す事

《指導のポイント》
・腰、膝、肩が下がらない事
・腰を落とさず真っ直ぐ出してくる事

こちらは会員限定動画です。

スイング軌道を確認するための練習方法
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
スイング軌道を覚えるため
目安所要時間
10分程度(20〜30スイング)
手順
1.構える
2.リストターンの位置に気をつけ
スイングする
3.スイング後同じ軌道を辿るように
振り戻す
4.トップの位置まで戻し
もう一度スイングする
5.繰り返す
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・スイングを戻すときは
 同じ軌道を辿るようにすること
・上半身だけではなく
 下半身も戻すようにすること
・頭の位置がブレないようにすること
・振り戻したときにトップが背中側に
 入らないようにすること

《指導のポイント》
・リストターンの位置をおへその位置にし
 スイング時、振り戻し時も同じ位置で
 リストターンをすること
・振り戻した時にトップが背中側へ入ってしまうと
 肩を振り、開きの原因になるので
 トップの位置に注意すること
・必ず下半身の動きを入れ
 上半身だけのスイングにならないように
 注意すること

こちらは会員限定動画です。

後ろ肩を下げないようにするための練習方法
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
後ろ側の肩を下げない(落とさない)
ようにするため
目安所要時間
10分程度(20〜30スイング)
手順
1.バットを構える
2.ティーを投げてもらい
ダウンスイングで打ちにいく
3.ゴロになってもいいので
ダウンスイングで打つ
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・ダウンスイングの際に
 前肩が下がらないように注意すること
・ゴロになってもいいので
 ダウンスイングを行うこと

《指導のポイント》
・わざとダウンスイングにすること
・後ろの肩が下がっていない選手は
 やらないこと
・実戦での打ち方ではなく、
 あくまでも修正方法であること

こちらは会員限定動画です。

ヘッドが下がらないようにするための練習方法
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
振り出し時にヘッドが
下がらないようにするため
目安所要時間
5分(10〜20回)
手順
1.バットを構える
2.前側の手を後ろ側の脇のあたりに置く
3.振り出していく
4.後ろ側の肘が下がらないようにスイングする
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・前側の手より下に後ろ側の肘が
 下がらないように注意していくこと

《指導のポイント》
・肘が下がらないように注意すること
・後ろ側の肘を前に出し過ぎないように
 注意すること

こちらは会員限定動画です。

正しいスイング軌道を覚える為の練習方法(押し手)
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
正しいスイング軌道を覚えるため
押し手の使い方を覚えるため
目安所要時間
5分程度(20〜30スイング)
手順
1.片手用バット、なければ
通常のバットを用意する
2.押し手でバットを持ち構える
(通常のバットの場合は短く持ち構える)
3.押し手だけで打っていく
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・押し手が伸びていくように意識すること
・下半身からの連動を意識して打つこと

《指導のポイント》
・押し手を自分の体の方へ
 巻き込まないようにすること
・押し手を出そうとして
 開かないように注意すること

こちらは会員限定動画です。

正しいスイング軌道を覚える為の練習方法(引き手)
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
正しいスイング軌道を覚えるため
引き手の使い方を覚えるため
目安所要時間
5分程度(20〜30スイング)
手順
1.片手用バット、なければ
通常のバットを用意する
2.引き手でバットを持ち構える
(通常のバットの場合短く持って構える)
3.引き手一本でバットを持ち
打っていく
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・バットが投手方向に
 伸びていくようにする
・手だけにならず、
 下半身から連動させること

《指導のポイント》
・引き手の肘を背中側に
 引いてしまわないようにすること
・ポイントが前になりすぎて
 引き手の肘が体から離れてしまうことで
 バットのヘッドが下がってしまわないように
 注意すること
・トスはインパクトが前に
 なりすぎないようにあげる

こちらは会員限定動画です。

下半身でタイミングを取るための練習方法
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
下半身を使っていくことで
タイミングの取り方を覚えるため
目安所要時間
5分程度(20〜30回)
手順
1.構える
2.後ろ足→踏み込み足→後ろ足→踏み込み足の順に
足を出しながら、投手方向へ歩く
3.2回目に後ろ足を着いたら
股関節にタメを作り
踏み込み足を着地させていく
4.踏み込み足を着地させてから
振り出す
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・歩く時に上下に目線がブレないようにすること
・足をクロスしたトップの時に
 肩が入らないようにすること
・後ろ足の股関節にタメを作ること
・上体が突っ込まないようにすること

《指導のポイント》
・足を後ろでクロスするときは
 トップが背中側へ入りやすくなるので注意すること
・上体が突っ込みやすくなるので
 踏み込み足を踏み出した時に
 後ろ足の股関節に必ずタメを作ること
・踏み込み足が着地する前に
 トップが緩まないようにすること

こちらは無料ピックアップ動画です。

無料ピックアップ動画一覧はこちら

タイミングの取り方を覚えるための練習方法
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
タイミングを取るのが苦手な選手
スイングのタイミングが合わない選手
の改善のため
目安所要時間
20〜30スイング
手順
1.前足、後ろ足と足踏みする
2.後ろ足を足踏みした際に
トップを作る
3.前足を着地しスイングする
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・足踏みをリズムよく行うこと
・「1、2、3」で振るのではなく
 「1、2〜の3」と間ができる
 ようにしていくこと

《指導のポイント》
・足踏みの際に頭の位置が
 前後しない
・上半身と下半身がバラバラに
 動かないこと
野球専門・動作解析サポート
BASEBALL ONEは
最新の動作解析システムを用いて野球選手をサポートする野球の総合レベルアップ施設です。

愛知県内に7施設展開し、メジャー仕様マウンドやトレーニング施設も設置しています。
動作解析システムを用いて、小学生からプロ野球選手まで累計9,000人以上の選手をサポート。
個人はもちろんのこと、中・高・大学のチームサポートも実施。

https://baseball-one.com/

スポーツの練習メニュー動画がいつでも見放題。

今なら14日間無料でお試し頂けます。

14日間の無料体験を始める