この記事をお気に入り
お気に入り済み

こちらは会員限定動画です。

下半身を鍛えるための練習方法
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
バッティングで力強いスイング
力強い打球を打つことができる
下半身を作るため
目安所要時間
10分(10本×3セット)
手順
1.バットを構え足を揃える
2.そのまましゃがむ
3.ジャンプし、足を広げ
広めのスタンスをとる
4.強くスイングする
5.スイング後、すぐに
手順1に戻る
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・スクワットジャンプから広めのスタンスをとること
・着地した際にバランスを崩さないようにすること
・膝からではなく脚全体を使ってジャンプする
 意識を持つこと

《指導のポイント》
・下半身で体重を支える意識を持つこと
・スイングを手だけで振らず
 下半身からスイングをしていくこと

こちらは会員限定動画です。

スイング時に前足が伸びないようにするための練習方法
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
伸び上がりを改善するため
目安所要時間
10分程度(10回×3セット)
手順
1.踏み込み足を着地させた状態で構え
トップを作る
2.スイングをしながら
体全体を沈みこませる
3.スイング後は構えた時の高さよりも
低い状態になるように終わる
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・スイング後に構えた時の高さより
 低くなるようにすること
・ダウンスイングになりやすいので
 レベルスイングを意識させること
・上体が突っ込みやすいので
 スイングの意識よりも
 下半身の意識を持たせること

《指導のポイント》
・上体が突っ込んでしまうと
 スイングの意識が強くなってしまうので
 最初の構えた位置から沈み込むようにすること
・踏み込み足が開いてしまうと
 体が開いてしまうので
 スイング後に膝が開かないようにすること
・後ろ足の膝は地面についても良い

こちらは会員限定動画です。

体重移動ができるようにするための練習方法
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
スイング時、後ろ足に体重が残らないように
前後の体重移動を意識させるため
目安所要時間
5分(10〜20スイング)
手順
1.踏み込んでいく足を
後ろ足の前でクロスさせる
2.お尻を背中側へ出し
上体を軽くベース側へ倒す
3.体重を投手方向へかける
4.体が投手方向へ動き出したら
踏み込み足を投手方向へ出す
5.踏み込み足が着地したら
スイングする
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・足をクロスさせた時に
 バランスが取れているのか確認し
 腰が抜けないように投手方向へ動き出すこと
・踏み込み足を投手方向へ出していく時に
 頭が突っ込んでいないように注意すること
・お尻を背中側に出す事で
 上体をベース方向へ傾けること

《指導のポイント》
・踏み込み足のを出すタイミングは
 投手方向へ体重がかかった瞬間に出すこと
・足をクロスした時につま先より膝が
 前に出ないように注意すること
・後ろ足のタメができているか確認すること
・踏み込み足が着地する前に回転動作に入ってしまうと
 体の開きのに繋がるので、踏み込み足が着地してから
 スイングするように注意すること

こちらは会員限定動画です。

膝の使い方を覚えるための練習方法
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
後ろ足に体重を乗せた時の
膝の位置を覚えるため
目安所要時間
10分程度(20〜30スイング)
手順
1.ステップ台に踏み込み足で立つ
2.ステップ台から飛び
後ろ足を着地させる
3.後ろ足に体重を乗せ
ステップ足を投手方向へ着地させる
4.体重移動をし、スイングする
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・膝がつま先より出ないようにすること
・上体がキャッチャー方向へ
 流れないようにすること
・後ろ足の股関節へタメを作ること
・体重移動は必ず行うこと

《指導のポイント》
・ステップ台から後ろ足を降ろす時は
 真上から体重を載せるようにすること
・ステップ台から降りて後ろ足を
 着地させた時はつま先、膝、頭が
 一直線になるようにすること
・後ろ足に体重が乗ってから
 体重移動をかけるようにすること

こちらは会員限定動画です。

外角を強くスイングするための練習方法
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
外角を当てるだけにならず
強くスイングし、力強い打球を打つため
目安所要時間
10分(30球程度)
手順
1.後ろ足をホームベース方向へ踏み出し
踏み込み足は後ろに引き、構える
2.外側へボールを投げてもらい
ホームベース方向へスイングしていく
3.おへその前でリストターンをし、打つ
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・後ろ足のしっかりと乗せてスイングすること
・踏み出した足の方向にバットを出すこと
・振り終わりにバランスが崩れないようにすること

《指導のポイント》
・ホームベース方向へスイングすること
・投手側の肩が開かないように注意すること
・引き手を背中側に引かないように注意すること

こちらは会員限定動画です。

下半身の力の発揮と股関節の動きを高めるメニュー
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
下半身の瞬発的な力を発揮する能力を獲得するため
体のポジションをコントロールできるようにするため
下半身の強化トレーニング
股関節の動きを獲得するため
目安所要時間
3分程度(10〜20回×2セット)
手順
1.スクワット姿勢を作る
2.一気に股関節、膝、足首の関節を伸ばして
真上にジャンプする
3.着地と同時に次のジャンプの準備をする
4.スクワット姿勢での着地と
ジャンプ動作を繰り返す
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・うまく着地した時の力を利用して
 ジャンプすること
・ジャンプは真上に続けて行うことで
 力を続けて発揮しやすくなる

《指導のポイント》
・スクワットポジションをとる中で
 腰を反らないようにすること
・ジャンプしていく方向は常に真上を意識すること
・ジャンプする位置がずれていかないように
 注意すること
・スクワットポジションをとった時に
 膝が前に出過ぎてしまったり
 内や外にぶれないようにすること
・ジャンプの反動をうまく利用して
 ジャンプすること

こちらは会員限定動画です。

バランス能力と股関節の動きをよくするトレーニング
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
バランス能力を獲得するため
股関節の動きの改善のため
股関節の筋力の強化のため
目安所要時間
3分程度(左右各10回×2セット)
手順
1.片足立ちの形を作る
2.浮かせた足を前後にスイングする
この時に腕も足の動きに合わせて振る
3.ももを前にあげる動作、足を後ろに蹴る動作を
より広い幅で繰り返し行う
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・片足での安定した状態を作ることで
 スイングの動きも広くなる
・腕も足と一緒に振ることで
 バランスを取りやすくする

《指導のポイント》
・スイング幅は出来るだけ
 広くとるようにすること
・足をスイングする中で
 足を後ろに蹴る時はお尻の筋肉、足を
 前にあげる時は股関節の前の筋肉を
 使うように意識すること
・腕の振りと足の振りの動きを
 同調させて行うこと

こちらは会員限定動画です。

下半身の柔軟性と体幹のトレーニング
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
下半身の柔軟性を改善するため
下半身の可動域を拡げるため
体幹を強化するため
上半身を強化するため
上半身の可動域を拡大するため
目安所要時間
3分程度(5往復×1セット)
手順
1.腕立て姿勢を作る
2.足の位置を固定し手で歩くようにして
少しづつ足に近づいていく
3.できるところまで近づいたら
元の腕立ての姿勢に戻る
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・腕立ての姿勢から足の形は変えずに
 膝を伸ばしたまま手を近づけていくこと
・細かく手を近づけていくことで
 自分のできる範囲を知ることができること

《指導のポイント》
・手を足に近づけていく際に
 膝が曲がらないように注意すること
・手を足に近づけていく際に
 体幹が左右にぶれてしまわないように
 注意すること
・手を近づけていく幅は少しずつで
 腕立て姿勢に戻る際も同様に
 同じ幅で進むよう意識すること
野球専門・動作解析サポート
BASEBALL ONEは
最新の動作解析システムを用いて野球選手をサポートする野球の総合レベルアップ施設です。

愛知県内に7施設展開し、メジャー仕様マウンドやトレーニング施設も設置しています。
動作解析システムを用いて、小学生からプロ野球選手まで累計9,000人以上の選手をサポート。
個人はもちろんのこと、中・高・大学のチームサポートも実施。

https://baseball-one.com/

スポーツの練習メニュー動画がいつでも見放題。

今なら14日間無料でお試し頂けます。

14日間の無料体験を始める