ログイン

体はまぁまぁ大きいが打球があまり遠くに飛ばない


要望の背景

打球を遠くに飛ばしてアベレージも残せるようになりたい

Sufu認定指導者の回答

BASEBALL ONE(株)

打球を遠くに飛ばしていきながら
確率を上げていくためには
ただ強くスイングするだけでなく
動作の再現性、対応力を高めていく必要があります。

そのために今回プランニングさせていただいた
練習メニューでは
下半身から上半身へ力を伝えることができるようにしていくため
また、下半身の安定性を高めるための練習メニューを
お伝えさせていただきます。

ぜひ取り組んでいただき
レベルアップへ繋げていってください。


Sufu認定指導者の動画が見放題

体全体を使ってスイングするための練習方法

目的/上達スキル
強いスイングを身につけるため
目安所要時間
5分程度(20〜30スイング)
手順
1.バットを構え、前足をあげる
2.リズムよくジャンプし、
前足を振りながらスイングしていく
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・ジャンプした際に
 バランスを崩さないように注意すること

《指導のポイント》
・しっかりと足を振り上げながらスイングすること
・無理をして高めを振らないようにすること
・着地の際に体重を支える位置を考えること

Sufu認定指導者の動画が見放題

後ろ側の腰と股関節を使うための練習方法

目的/上達スキル
下半身の連動を覚え、
力強い打球を打てるようにしていくため
目安所要時間
15分程度(30スイング)
手順
1.投手方向に体の正面を向け、構える
2.振り出しの瞬間に
股関節と膝を投手方向に出す
3.下半身が始動したら
バットを投手方向へ出す
4.インパクトの瞬間に
リストターンする
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・スイングする時には膝が内側へ
 入り過ぎないようにすること
・キャッチャー側の腰と膝が
 同時に始動するようにすること
・投手方向にバットを出していくこと
・グリップがおへそより前に出ないようにすること

《指導のポイント》
・トップを作った時に
 投手側の肩が背中側へ入り過ぎると
 上半身を振ってしまうことにつながるので
 入らないようにすること
・後ろの膝が回り過ぎないように
 膝を投手方向に出していくこと
・投手方向にバットを出すことで
 インパクトの位置がズレないようにする

Sufu認定指導者の動画が見放題

下半身への力の入れ方、目線の確保をするための練習方法

目的/上達スキル
下半身でしっかりと体重を支え
目線を素早く確保するため
目安所要時間
5分程度(20〜30スイング)
手順
1.本来の位置から180度反転した状態で立つ
2.ジャンプしながら本来の位置へ戻る
3.しっかりと着地する
4.目線を投手方向へ向ける
5.バランスが崩れないよう、スイングする
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・着地した際に
 バランスを崩さないように注意すること
・ジャンプした際に目線がブレるので
 ブレたままスイングしないように
 目線が安定してからスイングすること

《指導のポイント》
・反転し、着地した際に
 正対できるようにすること
・着地を気にしすぎて目線が下へ行かないようにし
 投手方向を見ていくこと

Sufu認定指導者の動画が見放題

下半身を鍛えるための練習方法

目的/上達スキル
バッティングで力強いスイング
力強い打球を打つことができる
下半身を作るため
目安所要時間
10分(10本×3セット)
手順
1.バットを構え足を揃える
2.そのまましゃがむ
3.ジャンプし、足を広げ
広めのスタンスをとる
4.強くスイングする
5.スイング後、すぐに
手順1に戻る
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・スクワットジャンプから広めのスタンスをとること
・着地した際にバランスを崩さないようにすること
・膝からではなく脚全体を使ってジャンプする
 意識を持つこと

《指導のポイント》
・下半身で体重を支える意識を持つこと
・スイングを手だけで振らず
 下半身からスイングをしていくこと

Sufu認定指導者の動画が見放題

体重移動ができるようにするための練習方法

目的/上達スキル
スイング時、後ろ足に体重が残らないように
前後の体重移動を意識させるため
目安所要時間
5分(10〜20スイング)
手順
1.踏み込んでいく足を
後ろ足の前でクロスさせる
2.お尻を背中側へ出し
上体を軽くベース側へ倒す
3.体重を投手方向へかける
4.体が投手方向へ動き出したら
踏み込み足を投手方向へ出す
5.踏み込み足が着地したら
スイングする
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・足をクロスさせた時に
 バランスが取れているのか確認し
 腰が抜けないように投手方向へ動き出すこと
・踏み込み足を投手方向へ出していく時に
 頭が突っ込んでいないように注意すること
・お尻を背中側に出す事で
 上体をベース方向へ傾けること

《指導のポイント》
・踏み込み足のを出すタイミングは
 投手方向へ体重がかかった瞬間に出すこと
・足をクロスした時につま先より膝が
 前に出ないように注意すること
・後ろ足のタメができているか確認すること
・踏み込み足が着地する前に回転動作に入ってしまうと
 体の開きのに繋がるので、踏み込み足が着地してから
 スイングするように注意すること

Sufu認定指導者の動画が見放題

ボールに押し負けないようにするための練習方法

目的/上達スキル
インパクト時の押し手の使い方を覚えるため
目安所要時間
10分(10回×3セット)
手順
1.トップを作り、構える
2.インパクトの位置に引き手を構える
3.回転動作に合わせて引き手を引かないように
押し手で拳を作り、引き手に強くパンチする
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・インパクトの位置を引き手で作る時に
 おへその前に設定すること
・押し手の手首が曲がらないようにすること
・押し手の手のひらが真上を向くようにすること
・引き手が動かないようにすること

《指導のポイント》
・回転動作とともに引き手が
 インパクトの位置からズレることがあるので
 引き手が動かないようにすること
・インパクトの位置で押し手が引き手に当たった時に
 引き手が動かないようにすること
・拳をインパクトの位置で強く押し
 手首が曲がらないようにすること
・押し手の肘は曲がった状態で
 インパクトをむかえること

Sufu認定指導者の動画が見放題

インサイドアウトを覚える為の練習方法

目的/上達スキル
正しいスイング軌道を覚えていくため
ドアスイングの改善のため
目安所要時間
5分程度(20〜30スイング)
手順
1.バットを普段の握り方ではなく
逆(押し手、引き手を上下逆さ)にして持つ
2.バットの握りを逆さにした状態で構える
3.手を逆に持ったまま打っていく
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・腕の力だけで振らないようにすること
・下半身からの連動を意識して
 スイングしていくこと

《指導のポイント》
・両肘が体から離れすぎないように
 注意すること
・フォロースルーで
 腕を体に巻き込んでこないように
 すること

Sufu認定指導者の動画が見放題

体を前に流さずタイミングを取る練習方法

目的/上達スキル
タイミングの取り方を覚えるため
目安所要時間
10分程度(20〜30スイング)
手順
1.構える
2.踏み込み足の母指球から着地させ
もう一度上げるを2回繰り返す
3.3回目に踏み込み足を着地させ
スイングする
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・着地する踏み込み足を
 つま先の母指球から着地させること
・後ろ足の股関節にタメを作って
 踏み込み足を動かすこと
・上体がキャッチャー方向へ
 倒れないようにすること

《指導のポイント》
・体重移動がおろそかになりやすいので
 必ず体重移動を行うこと
・踏み込み足の母指球から着地させることで
 後ろ足の股関節にタメを作りやすくなるので
 踏み込み足の母指球から着地させること
野球専門・動作解析サポート
BASEBALL ONEは
最新の動作解析システムを用いて野球選手をサポートする野球の総合レベルアップ施設です。

愛知県内に7施設展開し、メジャー仕様マウンドやトレーニング施設も設置しています。
動作解析システムを用いて、小学生からプロ野球選手まで累計9,000人以上の選手をサポート。
個人はもちろんのこと、中・高・大学のチームサポートも実施。

https://baseball-one.com/

14日間の無料体験を始める