この記事をお気に入り
お気に入り済み

こちらは会員限定動画です。

打球に角度をつけるための練習方法
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
バットにボールを当てる位置を
確認し、角度がついた打球を
打てるようにしていくため
目安所要時間
10分(10回×3セット)
手順
1.一度インパクトの位置にバットを出し
ボールの当てる位置を確認する
2.バットの軌道を確認しながら
バットを戻しトップを作る
3.バットを戻した時の軌道で
スイング軌道が合うように
ボールを打つ
4.打った打球の角度を確認する
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・スタンドティーから始める事で
 バットがボールの少し下に入る感覚を
 覚えること
・一度バットがボールに当たる位置を
 確認してからトップを作り
 バットの軌道を確認させること
・バットを戻してスイングしていくときに
 肩が入りやすくなるので
 肩が入らないように気をつけること

《指導のポイント》
・バットの軌道を確認しながら
 インパクトに合わせたら
 バットを戻してからスイングすること
・バットをボールに当てる位置は
 ボールの中心より少し下にすること
・打球の角度が35度〜45度に
 なるように打つこと

こちらは会員限定動画です。

腰の開きで引っ張らないようにするための練習方法
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
腰の開きを抑えていくことで
引っ張りだけでなく
打球方向へ力を発揮していくため
目安所要時間
10分(20〜30スイング)
手順
1.両足をくっつけて、立つ
2.軽く膝を曲げる
3.バットを構える
4.足を揃えたままスイングする
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・前傾姿勢をとり過ぎてしまうと
 腰が開きやすくなり
 肩も開きやすくなってしまうので
 注意すること
・しっかりと内転筋に力を入れて
 バランスを保つこと

《指導のポイント》
・腰を止めた状態から振り出していくこと
・スイング後の開きとスイング前の開きは
 違うものなので注意すること
・スイング時に肩が
 下がらないようにすること

こちらは会員限定動画です。

体重移動ができるようにするための練習方法
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
スイング時、後ろ足に体重が残らないように
前後の体重移動を意識させるため
目安所要時間
5分(10〜20スイング)
手順
1.踏み込んでいく足を
後ろ足の前でクロスさせる
2.お尻を背中側へ出し
上体を軽くベース側へ倒す
3.体重を投手方向へかける
4.体が投手方向へ動き出したら
踏み込み足を投手方向へ出す
5.踏み込み足が着地したら
スイングする
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・足をクロスさせた時に
 バランスが取れているのか確認し
 腰が抜けないように投手方向へ動き出すこと
・踏み込み足を投手方向へ出していく時に
 頭が突っ込んでいないように注意すること
・お尻を背中側に出す事で
 上体をベース方向へ傾けること

《指導のポイント》
・踏み込み足のを出すタイミングは
 投手方向へ体重がかかった瞬間に出すこと
・足をクロスした時につま先より膝が
 前に出ないように注意すること
・後ろ足のタメができているか確認すること
・踏み込み足が着地する前に回転動作に入ってしまうと
 体の開きのに繋がるので、踏み込み足が着地してから
 スイングするように注意すること

こちらは会員限定動画です。

足を速くするための足首トレーニング
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
瞬発力を向上させるため
地面を蹴る力を強化するため
地面反力を使う能力を獲得するため
目安所要時間
3分程度(10回×2セット)
手順
1.立った状態から真上にジャンプする
2.着地すると同時に足首の力で地面を蹴る
この着地の時に出来るだけ膝は曲がらないようにする
3.連続で足首でのジャンプを行う
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・着地で膝が曲がりすぎてしまうと
 足首の力を使いにくくなってしまうので
 膝を伸ばした状態で行うようにすること
・アンクルジャンプを行なって
 ダッシュをするなどダッシュの前に行うことで
 走力アップにも効果的なメニューとなる

《指導のポイント》
・まずはその場で行い真上に力を出すように意識すること
・高く飛ぶためには足首の蹴るタイミングを意識すること
・上半身の前後の動きが出てしまわないように注意すること

こちらは会員限定動画です。

足を速くするためのトレーニング
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
足を引き上げる動きを習得する
上半身のブレを改善する
腕の振りと足の協調した動きを習得する
リズムよく体を動かすため
目安所要時間
3分程度(左右各10〜20回×2セット)
手順
1.片足立ちの姿勢を作る
2.立った片足で少しジャンプしながら
リズムをとり反対の足の腿上げを行う
3.足の動きに合わせて腕振りをする
4.足を地面につけることなく
腿上げを連続して行う
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・腕を振ることで
 足をあげるバランスも取りやすくなる
・上半身がぶれてしまうと
 動きのブレも大きくなるため
 上半身はブレないようにする
・ジャンプしている片足で
 リズムを取るだけで足の動きも改善する

《指導のポイント》
・リズムよく足挙げ動作を行うこと
・腕もしっかりと振り動きを安定させること
・足場は出来るだけ動かないようにして
 その場で足上げを行うこと
・足をあげる動きを特に意識して行うこと

こちらは会員限定動画です。

力の伝え方を覚えるメニュー
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
地面を押す感覚をつかむため
力を伝えやすい動きの獲得するため
目安所要時間
5分(左右各5〜10回×2セット)
手順
1.長座の姿勢(足を伸ばして座った姿勢)
から片足を曲げる
2.曲げた足に重心を乗せて
そのまま片足で立ち上がる
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・膝の位置を動かさないようにして
 重心を前に持っていくと立ち上がりやすくなる
・重視の位置を動かすことを
 意識することで体も動かしやすくなる
・できない場合は前から手を引いてあげて
 重心を前に持ってくるようにすることで
 感覚をつかみやすくなる
・片足でゆっくり座ることができるようになれば
 立ち上がりの感覚もわかりやすくなる
・かかとをお尻に近づけると
 重心の位置を前に出しやすくなる

《指導のポイント》
・片足立ちをする足の裏は
 全体が地面に着いた状態で行うこと
・膝の位置が前に出てしまうと
 立ち上がることも難しくなってしまうこと
・頭の位置が後ろにあると
 立ち上がりも難しくなる
・膝も左右にぶれてしまわないように
 注意すること

こちらは会員限定動画です。

股関節の動きをよくするトレーニング
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
股関節の可動域を改善するため
体幹の動きを安定させるため
股関節の筋肉の強化
目安所要時間
5分程度(左右前後各10回×2セット)
手順
1.四つん這いの姿勢を作る
2.片方の足を少し浮かせる
(この時に体が開いたりしないようキープする)
3.膝を大きく回すようにして
股関節の前回し、後ろ回しを行う
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・膝を大きく回していく意識を持つことで
 より股関節の動きも大きくなる
・体幹を安定させることで
 股関節の動きも大きくなる

《指導のポイント》
・腕と足が地面に対して
 垂直になるようにして
 四つん這いの姿勢を作ること
・足を回していく時には
 体がぶれないように
 できるだけキープすること
・足を浮かせたタイミングで
 体が開いてしまわないように注意すること
・股関節を大きく動かすように意識すること

こちらは会員限定動画です。

瞬発力を上げるためのトレーニング
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
瞬発的な力の発揮を習得するため
下半身をコントロールする能力を習得するため
下半身の動きを改善するため
目安所要時間
3分程度(10〜20回×2セット)
手順
1.高くジャンプする
2.ジャンプしている間に
足を開脚し足を閉じた位置に戻す
3.連続して開脚を行なっていく
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・ジャンプの最上点と開脚動作の
 最大に広がるタイミングを合わせることで
 コントロールしやすくなる
・まずは足を広げる動きよりも
 足の動きをコントロールしていく

《指導のポイント》
・ジャンプのタイミングで
 出来るだけ開脚の幅を広げること
・ジャンプした中で足を開く動作と
 閉じる動作を行うこと
・連続して行うために体の動きを
 コントロールしていくこと
野球専門・動作解析サポート
BASEBALL ONEは
最新の動作解析システムを用いて野球選手をサポートする野球の総合レベルアップ施設です。

愛知県内に7施設展開し、メジャー仕様マウンドやトレーニング施設も設置しています。
動作解析システムを用いて、小学生からプロ野球選手まで累計9,000人以上の選手をサポート。
個人はもちろんのこと、中・高・大学のチームサポートも実施。

https://baseball-one.com/

スポーツの練習メニュー動画がいつでも見放題。

今なら14日間無料でお試し頂けます。

14日間の無料体験を始める