この記事をお気に入り
お気に入り済み

こちらは会員限定動画です。

インサイドアウトを覚える為の練習方法
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
正しいスイング軌道を覚えていくため
ドアスイングの改善のため
目安所要時間
5分程度(20〜30スイング)
手順
1.バットを普段の握り方ではなく
逆(押し手、引き手を上下逆さ)にして持つ
2.バットの握りを逆さにした状態で構える
3.手を逆に持ったまま打っていく
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・腕の力だけで振らないようにすること
・下半身からの連動を意識して
 スイングしていくこと

《指導のポイント》
・両肘が体から離れすぎないように
 注意すること
・フォロースルーで
 腕を体に巻き込んでこないように
 すること

こちらは会員限定動画です。

ステップするタイミングを合わせる練習方法
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
前側の足を着地させていくタイミングを
バットを持った手の動きと合わせていく
目安所要時間
約10分(20スイング程度)
手順
1.両足を肩幅くらいまで広げ
バットを構える
2.前足を上げ、前足の膝と
バットのグリップをタッチ
3.タッチした後、前足をバットの長さと
同じくらい(約80センチ)ステップし
バットを持った手は耳の横あたりまで
上げてくる
4.スイングする
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・中心の軸がぶれないように
 まっすぐ立つことを意識すること
・前足の着地とトップを作る
 タイミングが同じになるようにすること

《指導のポイント》
・前側の足をまっすぐ踏み出すこと
・グリップと前膝をタッチした際に
 グラグラしないように注意すること
・踏み込んだ際に投手方向へ
 突っ込まないように注意すること

こちらは会員限定動画です。

打ちにいくタイミングをつかむための練習方法
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
片足で立ち、ボールを待つことで
動き出しのタイミングを理解させ
ボールを打ちにいくタイミングを掴むため
目安所要時間
10分(10回×3〜5セット)
手順
1.踏み込み足を上げ、ボールを待つ
2.ボールにタイミングを合わせ
踏み込み足を下ろしていく
3.足を着地させ、スイングする
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・踏み込み足を上げた状態で
 ボールを待つときに
 ふらつかないようにすること
・足を上げているときにかかと側へ
 体重が乗らないようにすること
・足を踏み込んでいくときに
 後ろ足にタメができているか
 確認すること
・頭が突っ込まないようにすること

《指導のポイント》
・足を上げたときに上体が立ってしまったり
 頭が捕手側へ動くことがあるので
 後ろ足のつま先、膝、腰、肩が
 一直線になるように足を上げること
・踏み込み足を出していく時に
 後ろ膝が投手方向へ
 曲がらないようにすること
・踏み込み足を着地するときは
 母指球から着地すること

こちらは会員限定動画です。

頭が突っ込まないようにするための練習方法
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
インパクト時に頭が突っ込まず
ボールと顔の距離を覚えるため
目安所要時間
10分程度(30スイング)
手順
1.捕手側の足を曲げ膝を立てた状態で
投手側の足は膝が曲がらないように構える
2.頭の位置がズレないようにスイングする
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・高めにティーを投げてしまうと
 上体が浮いてしまうので
 バットの軌道にボールを投げること
・インコースにはティーを投げないこと
・頭の位置が出来るだけ
 動かないようにすること
・構えたときに頭が傾かないようにすること

《指導のポイント》
・下半身が止まっているので
 引き手を背中側へ引くことがあるので
 引き手を背中側へ引かないように指導すること
・頭の位置がズレてしまうと
 距離感が掴みづらくなるので
 頭の位置を確認すること
・この練習をする最初のうちは
 ボールを使用しなくてもいいので
 膝を着いた状態でスイングだけさせること
・投手方向へ伸ばした足が
 曲がらないようにすること

こちらは無料ピックアップ動画です。

無料ピックアップ動画一覧はこちら

グローブの位置を覚えるための練習方法
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
捕球ミスを減らすため
握り替えをスムーズに行うため
目安所要時間
5〜10分(10球程度)
手順
1.中腰で構える
2.歩きはじめる
3.捕球姿勢をとる
この時に腰を落とした姿勢になること
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・右足を踏み込んでいくと同時に
 グラブを前に出すこと
・捕球位置が体から近くなると
 ボールが見えなくなるため注意すること

《指導のポイント》
・グラブが見える位置に出すこと
・グラブの見える位置から外れないこと
・前足のつま先が上がっていること

こちらは無料ピックアップ動画です。

無料ピックアップ動画一覧はこちら

グローブの向きを覚える練習方法
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
ボールを捕球しやすい
グローブの角度を身につけ
捕球できる確率を上げていくため
目安所要時間
5〜10分(10球程度)
手順
1.捕球姿勢で構える
2.そのままの姿勢で捕球をする
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・グラブの面を打球に対して
 向けていくこと
・右手をグローブに添え
 捕球したら被せていくこと

《指導のポイント》
・親指側が上を向かないこと
・グラブが寝すぎないこと
・ボールがくるまで
 腰の高さが変わらないようにすること

こちらは無料ピックアップ動画です。

無料ピックアップ動画一覧はこちら

グローブの出し方を覚える練習方法
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
捕球姿勢の準備を早く作るため
捕球していく確率を上げるため
目安所要時間
5〜10分(10球程度)
手順
1.中腰で構える
2.歩いていく中で捕球姿勢に入っていく
3.体の中でグラブを
真っ直ぐ落として捕球する
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・横からグラブを出さないこと
・真っ直ぐグラブを落としてくること

《指導のポイント》
・上からグラブを出さないこと
・グラブの面を向けてくること
・肘が伸びきった状態にならないこと

こちらは会員限定動画です。

捕球ミス後の対応力を高める練習方法
この動画をお気に入り
お気に入り済み
目的/上達スキル
打球処理の際、捕球ミス後の動作を
事前に練習することで
対応力を高めるため
目安所要時間
5~10分(10球程度)
手順
1.ボールを上にあげる
2.一度グローブに当てて下に落とす
3.素手でボールを拾い直す
4.送球方向にしっかりステップして投げる
指導のコツ・ポイント
《指導のコツ》
・状況のイメージをすること
・一度グローブに当てて下に落とすこと
・素手でしっかり拾い直すこと

《指導のポイント》
・ボールを落として再度取りに行く際
 グローブで取りに行かないこと
・再度拾った後、しっかりステップをすること
・ボールを取りに行く際
 目線を早く投げる方向に向けないこと
野球専門・動作解析サポート
BASEBALL ONEは
最新の動作解析システムを用いて野球選手をサポートする野球の総合レベルアップ施設です。

愛知県内に7施設展開し、メジャー仕様マウンドやトレーニング施設も設置しています。
動作解析システムを用いて、小学生からプロ野球選手まで累計9,000人以上の選手をサポート。
個人はもちろんのこと、中・高・大学のチームサポートも実施。

https://baseball-one.com/

スポーツの練習メニュー動画がいつでも見放題。

今なら14日間無料でお試し頂けます。

14日間の無料体験を始める