ログイン

Sufu認定指導者の動画が見放題

スペインドリル 基礎 「オフェンスとディフェンス」 〜バックハンドストローク〜

目的/上達スキル
シチュエーションによって、ステップワークや体の使い方の違いを覚える。
攻守の切り替えの意識を高める。
目安所要時間
10分〜20分
手順
1.深いボールと浅いボールを交互に打つ。
2.深いボールは軌道を高くして深く返す。(ディフェンス)
3.浅いボールは中に入って攻撃する。(オフェンス)
4.大切なのは、どちらもボールの後ろに入り、しっかりスイングを行うこと。
5.バックハンドで片手の場合は右手を、両手の場合は左手を意識してスピン回転をかける。
指導のコツ・ポイント
・オフェンスとディフェンスで、打つボールの軌道や回転量を変える。
・バランスよく打つことを心がける。
・ボールの後ろに入るための正しいステップワーク。
○生年月日:1993年10月8日
○出身地:三重県、津市
○所属:合同会社YNM
○スポンサー契約:ヨネックス株式会社、ファイテン株式会社

<経歴>
 父親が校長を務める「ニックインドアテニスカレッジ(三重県)」で、プロテニス選手である、弟の西岡良仁と共にテニスを始める。四日市工業高校、亜細亜大学を卒業後、ツアーテニスコーチとして活動を開始。西岡良仁のサポートとして、グランドスラムやツアーへの帯同、その他プロ選手のコーチングやヒッティング、ジュニア育成を行う。
2017年4月〜2018年9月まで、スペインのバルセロナにあるクラブチーム「CMC Competition」にて海外選手のコーチを務める。また、元WTAランキング2位でグランドスラムの優勝経験もある、Svetlana Kuznetsovaのコーチを務めた、Carlos Martinez氏のもと、ツアーコーチング、スペインテニス、クレーコートの戦術について学ぶ。
日本に帰国後、東京を拠点にツアーコーチ、及び、選手のマネージメントをメインとしたチーム「Project E.O」を立ち上げる。

https://project-eo.themedia.jp

14日間の無料体験を始める