メディシンボール投げ「片手」〜バックハンド〜

目的/上達スキル
テニスに必要な身体の使い方を覚える。
左手を片手で行うことで、両手バックハンドストロークの運動連鎖をスムーズに行えるようにする。
目安所要時間
10分〜20分
手順
1.左足をボールの後ろに入れて、左手でキャッチする。
2.左足でバランスを保ち、前に体重移動を行う。
3.左手を片手で行うことで、両手バックハンドに必要な、左手で打つ意識をつけさせる。
4.腹筋に力を入れて、バランスが崩れないようにする。
5.ボールの後ろに入ることの重要さを体に覚えさせる。
指導のコツ・ポイント
・身体のバランスを崩さないようにする。
・しっかりとボールを投げる。
・回数やメディシンボールの重さは選手の年齢、身体によって変える。
・片手で行うため、メディシンボールの重さは1キロ程度にする。重くない過ぎないように気をつける。
○生年月日:1993年10月8日
○出身地:三重県、津市
○所属:合同会社YNM
○スポンサー契約:ヨネックス株式会社、ファイテン株式会社

<経歴>
 父親が校長を務める「ニックインドアテニスカレッジ(三重県)」で、プロテニス選手である、弟の西岡良仁と共にテニスを始める。四日市工業高校、亜細亜大学を卒業後、ツアーテニスコーチとして活動を開始。西岡良仁のサポートとして、グランドスラムやツアーへの帯同、その他プロ選手のコーチングやヒッティング、ジュニア育成を行う。
2017年4月〜2018年9月まで、スペインのバルセロナにあるクラブチーム「CMC Competition」にて海外選手のコーチを務める。また、元WTAランキング2位でグランドスラムの優勝経験もある、Svetlana Kuznetsovaのコーチを務めた、Carlos Martinez氏のもと、ツアーコーチング、スペインテニス、クレーコートの戦術について学ぶ。
日本に帰国後、東京を拠点にツアーコーチ、及び、選手のマネージメントをメインとしたチーム「Project E.O」を立ち上げる。

https://project-eo.themedia.jp